人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ホームページ制作の事業を発足しました。ページも作って営業を仕掛けようと考えていますが何か良いアドバイスがあったら教えて下さい。

●質問者: yana0128
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ
✍キーワード:アドバイス ホームページ制作
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● kazooo3
●17ポイント

http://www6.ocn.ne.jp/~magnetbx/

上記のサイトは一般的なサイト作成会社なのですが、これから事業を発足させるなら、まずCGI使用可能で格安なブロードバンド対応の営業エリアにアクセスポイントがあるプロバイダを先ず押さえておく事が最優先でしょう。というのも大手企業は既にかなりの確率でHPを持っていますのでこれからクライアントになるのは中小の企業になると思います。掲示板やチャットの設置要請も多い筈です。が、大手プロバイダの中にはCGI利用の出来るプロバイダが少ない為掲示板やチャットを自前で設置出来ない事が多いのが現状です。それを考えると中小でも前記条件に合うプロバイダと業務提携できればそちらからのキックバックも考えられるので。。。(元制作業務をしていた者からのおせっかいなアドバイスでした)

◎質問者からの返答

とても良いアドバイスです!有難うございます。


2 ● kazooo3
●17ポイント

http://www.hatena.ne.jp/

はてな

前の者ですが、言い忘れの補足を。

ですのでHPを作る際には、オリジナルドメイン+ブロードバンド対応プロバイダ(ホスティング)+掲示板&チャット設置可能で¥****円 という明確なサービスと価格設定を打ち出すのがよいと思います。その際は価格を出来る限り抑え、保守と更新、オプションサービスのFLASH制作などで利益確保を狙うのはいかがでしょうか。

◎質問者からの返答

いろいろ決定事項がありましたが今一度検討しなおしてみたいと思います。


3 ● ginyou
●18ポイント

http://www.value-domain.com/?ref=ny152

VALUE DOMAIN:バリュードメイン

中小企業ユーザーに営業をかける場合、

独自ドメイン、独自メール、ホスティングサービスの安全性、

こういうものが、なぜ、必要か?という事から、アドバイスしては、

どうでしょうか?

以外と一般ユーザーは知らないのですよ。

特に中小企業になると、そうです。

例えば、独自メールですね。

なぜ、必要か?

名刺なんかに、平気でプロバイダーのメールアドレスを書いてる人って

結構多いんですよね。

なぜ、いけないか?

1.プロバイダを変更したら、名刺を変えなくてはいけない

(条件の良いプロバイダに変更出来ないという事を意味する)

2.メールアドレスが覚えにくい

3.社員に1個メールアドレス持たすと、1個だいたい300円/月くらいですよね

5人社員がいると、1500円/月くらいになりますよね

結構、中小企業にとって経費がバカにならないんですよね

経費といえば、もう一つ、ドメイン転送料なるものが、有るんですよね

これって何っていいたくなりますが、1万、2万の金額平気で取るんですよね

上記の所では、転送料無料です。

だいたい、.com、.net等の海外のドメインのみを扱っている所は転送料無料と

なっているみたいです。

また、.jpを扱っているところは、有料で、ドメイン料の方が高いという事に

なっている様です。

ホスティングサービスの安全性

安全性といえば、ウィルスであるとか、ダウンしないかとか、論じられるんですけど、

もっと、怖いのは、踏み台メールなんですよね。

踏み台メールってのは、人のメールサーバーを使って、メール送信する方法なんですが、

つまり、被害者である、ユーザーが加害者になるって事になるんですよ。

そのために、HPを閉鎖した会社もあるんですよね

今のホステングサービスでも、そこら辺を考えていない所もあるんですよね

そういうアドバイスが必要じゃないかと思いますね。

では、ホームページを作って、終わりでは、ないんですよね。

HPを作ったら、それを見て貰わないといけない。

つまり、検索エンジンにHPを登録し同じ業種なら、上位の方に表示できる

ようにする。

これって、結構、商売になったりするんですよ。

これも、メンテナンスの内だと思います

http://ippatsu.net/TARO/

これが、有名なサーチエンジン登録サイトです

◎質問者からの返答

SEOのサービスも併せて行おうと思っております。有難うございます。


4 ● hardbossa
●18ポイント

http://cruel.org/reading/gonzomarket.html

Evaluation of "Gonzo Marketing"

まずクライアント企業にとってWebとかITという物は基本的に利益を出しにくい構造になっているという事をよく覚えておいて下さい。Web制作で儲けたければ、インチキやらハッタリやらをかましていかにクライアントから金をだまし取るかが勝負です。とはいえこのやり方はいづれ破綻しますが。あるいは、画期的ではないにせよ、何か面白い仕組みを作ってそれを商品展開してみてはいかがでしょうか?そのためのヒントがここにあります。はてなや関心空間はそこら辺をうまくやってると思います。やっぱりあんまり儲けてはいないみたいだけど。

Amazon.co.jp: ゴンゾー・マーケティング: クリストファー ロック, Christopher Locke, 山形 浩生: 本

上で紹介した「ゴンゾー・マーケティング」は翻訳されて日本でも売られています。サーバーがどうのASPがこうの、Flashがああだ、ブローバンドがこうだ言う前に、ぜひご一読を。

◎質問者からの返答

興味深い書籍です。有難うございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ