人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

眼と目の違いを教えてください。なるべく詳しく、わかりやすくお願いします。

●質問者: torisu
●カテゴリ:医療・健康 芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● くまさん
●20ポイント

http://www.ocular.net/jiten/jiten004.htm

目の事典・眼の構造

目の事典・眼の構造


2 ● rockskyo
●20ポイント

http://www.inape.com/~kyo/

狂この頃

基本的には全く同じ意味ですが、使用するシチュエーションが若干異なるかと思われます。「眼」は医学的・物理的見地で使用する局面が多く、「目」は日常的・精神的に使用される場合が多いのでは。

例えば、「こころのめ」を漢字で書く場合は「目」ですが、「めがね」は「眼鏡」と書く場合が多いようです。

例えば、「心(こころ)」は英語にするとmind《心情》 heart《精神》 spirit《感情》feeling《意向》intention《意志》のように使い分けます。同じような感覚ではないでしょうか。URLはダミーです。


3 ● kazooo3
●20ポイント

http://www.mainichi.co.jp/life/hobby/game/eyes/96.html

生物の物を見る器官として「眼」を使い、物事へ対する視点、角度、考え方など物理的な「視覚」以外の「見方」をするものを「目」と使い分けている様ですね。

eye=眼

view=目

(意訳です)とでも言いましょうか。


4 ● kazooo3
●20ポイント

http://www5a.biglobe.ne.jp/~eyelove/homepage/talk.htm

眼科医の見解による「眼」と「目」の違いです。


5 ● さえきかずひこ
●20ポイント

http://d.hatena.ne.jp/

はてなダイアリー - 無料で簡単。広告のないシンプルなブログをはじめよう!

「目」というのは、身体機関の一部である、目そのものと、その周辺のもの(まぶた、まつげetc)を含んでさすことが多いように思います。

対して「眼」には「眼球そのもの」といった

ニュアンスが強いのではないでしょうか。

また、物事を見ぬく力を「眼力」といったり

「眼がするどい」といったりすることから

物事を判断する力の現われとしての比喩として

用いられることが多いように思います。

また、眼科や眼圧といった熟語から、医学的に

「目」をさすことも多いのではないでしょうか。

明確な差異を示せたかどうか分かりませんが、

「目」と「眼」にはこのような違いがあると思います。

◎質問者からの返答

みなさんいろいろな情報ありがとうございました。感謝感謝。


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ