人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本の少子高齢社会について「年金破綻」や「財政破綻」を中心に調べています。関係のある論文や資料、事件などを紹介しているサイトがありましたら教えて下さい(検索サイトは遠慮願います)。よろしくお願いします。

●質問者: goalmaster
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:サイト 年金 検索サイト 破綻 社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● kazooo3
●20ポイント

http://kjc.ktroad.ne.jp/ogawa1.html

公共事業が財政を破綻させた主犯である

少々違った観点から年金破綻についてアクセスしている文章です。こういう見方もいかがでしょうか?

◎質問者からの返答

なるほど、面白いですね。

論文として分かりやすくて役立ちそうです。

ありがとうございます。


2 ● acoaco
●30ポイント

http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2003/zenbun/indexz.htm...

平成15年版 高齢社会白書

http://www8.cao.go.jp/kourei/ishiki/h13_sougou/h13_gaiyou.html

高齢者の経済生活に関する意識調査結果の概要

http://www.meiji-life.co.jp/fsi/report/baba.pdf

◎質問者からの返答

こちらは高齢化社会についてまとまっているサイトですね。

ありがとうございます。


3 ● violin
●15ポイント

http://web.sfc.keio.ac.jp/~s99866ym/isfj/forum/ssec/

「政策フォーラム2001」

http://web.sfc.keio.ac.jp/~s99866ym/isfj/

の社会保障に関するページです。

http://www.ufji.co.jp/publication/report/mediumterm/02103.html

ここにも、少しだけ、関係するかもしれないものがあります

http://www.amy.hi-ho.ne.jp/umemura/

GDP・景気・経済 SITE

該当レポートではないですが、GDPや

景気動向指数などの経済データがまとまっています。

http://www.keizaireport.com/top.html

こちらにも、多数の経済系のレポートがあるので、

サイト内を検索してみるといいかもしれません。

◎質問者からの返答

経済系のネタは、大学内に該当の学部がない為か、実は不足していました。

ありがとうございます。


4 ● acoaco
●0ポイント

http://www.mizuhobank.co.jp/corporate/information/economics/pdf/...

http://www.nri.co.jp/report/it_solution/2002/pdf/IT20020902.pdf

野村総合研究所(NRI)

◎質問者からの返答

消費に関するレポートですね。

ゼミの中で少しだけ解説されていた内容だったので、この事もレポートに入れてみようかなと思いました。

できればリンクだけじゃなくコメントも入れていただきたかったです。

ありがとうございます。


5 ● ngpaka
●30ポイント

http://www.kisc.meiji.ac.jp/~yamawaki/kyosei/population.htm

玉石混交、膨大な関連サイトの中からどれをピックアップするかということだと思います。お求めの情報がどういう目的のものなのかわかりませんので、ここでは問題ごとにそれぞれ基礎的な情報サイトをいくつか紹介いたします。「その程度は調査済み」ということでしたら、どうぞ読み飛ばしてください。

先ずは、少子化について。日本の人口問題として少子化にしぼったポータルです。

例えば、

*人口問題審議会報告書「少子化に関する基本的考え方について-人口減少社会、未来への責任と選択-」

I はじめに -少子化は我が国社会への警鐘

とたどると、

「厚生省が平成9年(1997年)9月に行った社会保障に係る給付と負担の将来推計によれば、65兆円(1995年度)の社会保障給付費が、2025年度には、名目価格で216兆円〜274兆円となる見通しであり、国民所得に占める社会保障給付に係る負担の割合は、18.5%から29.5%〜35.5%まで上昇することが予測されている。

仮に、社会保障給付以外の支出に係る公費負担の対国民所得比が、現在の水準(約20%)のまま推移したとしても、現行制度のまま推移した場合の将来の国民所得に占める公的負担(租税負担及び社会保障負担)の割合、すなわちいわゆる国民負担率は、約50%〜56%と50%を超える水準に至る。

また、財政赤字が将来の公的負担の増加をもたらすことにも留意する必要がある。」

などの記述があります。

http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/index-w.html

高齢社会白書について

厚生労働省の高齢社会白書のポータルです。

あくまで基礎資料ということになりますが、H9年版〜15年版まであります。

http://www.mjs.co.jp/ss/dcp/dcp01.html

最後に年金問題について、ちょっと視点を変えてここを選んでみました。

民間の(株)ミクロ情報サービスの関連サイトです。「いま、なぜ確定拠出年金(DCP)が求められているのでしょうか?」という観点から、各種調査のデータをもとにカラーの図表付きで、わかりやすく解説されています。

以上、長くなってしまいすみません。

◎質問者からの返答

長くても全然構いません、と言うか、むしろ歓迎です。

ありがとうございます!


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ