人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

幼児期の音楽に対する脳形成 特に絶対音感獲得?に関しての生理学的な検討をしたサイト・情報源などがありましたら、御教授願いします。日本や世界でのこの件に関しての研究者・研究所の情報もお願いします。

●質問者: khayashi
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:サイト 幼児 情報源 教授 検討
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/4件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●40ポイント

http://www.adm.u-tokyo.ac.jp/IRS/IntroPage_J/intro71032095_j.htm...

脳磁図による絶対音感の研究

http://psyche.ge.niigata-u.ac.jp/Psyche/Miyazaki/

Miyazaki

絶対音感と相対音感

http://www.kecl.ntt.co.jp/icl/mtg/members/amano/exp/1991pub.html

Publication(1991)

◎質問者からの返答

pahooさんありがとうございました。久保田 雅也先生は東大小児科の先輩でした。下暗しですね。


2 ● acoaco
●20ポイント

http://www.yamaha-mf.or.jp/onken/onkyo/report.html#2000

ダウンロードの仕方がちょっと手間なのですが、研究結果を見ることができます。

1995年に「 絶対音感について」というのがあります

◎質問者からの返答

どうもありがとうございました。


3 ● banzo
●0ポイント

http://www.google.com/

Google

ダミーurlです。

大学生の時に合唱団に入りまたピアノを習い始めたら4年次には絶対音感がつきかけました。単に音の高さを記憶していることなのでマンガ・ドラマなどでオーバーに言われているような事はありません。

外国語習得は低年齢時がいいと言われるけれど成人後でも習得できるのと同じで、絶対音感も時間がかかるだけでいくつになっても習得できると思います。

◎質問者からの返答

大人になってからの「絶対?」音感はトレーニングを怠ると戻るという説もあるようです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ