人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ハードディスクの領域確保をするソフトを公開しているページを探しています◆不良セクタがあった時、そこを避けて領域確保をしてくれるソフトがないでしょうか。又は領域確保せずに不良セクタあったトラックの一覧を、画面やファイルに出力するだけのソフトでもかまいません(一覧を見ながら手動で領域確保したいと思います)◆Windows付属のFDISK(98SE付属のFDISK.EXE 99-05-05 の場合)も不良セクタを避けて領域確保してくれますが、不良セクタのところを何度もリトライしているらしく、確保するのに数時間がかったり途中でハングアップ(?)してしまいます◆怪しいセクタは使用しなくていいので、リトライをしないで短時間で領域確保してくれるソフトを探しています。確保する場合の最小サイズなどを指定できればいいですが、出来なくてもいいです。海外のソフトでもいいです◆動作環境はプロッピーディスクから起動したDOSで使用できるもの◆いろいろ比較したいので回答はゆっくり待ちます。

●質問者: COFFEEBREAK
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:DoS exe Windows ゆっくり クタ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● shin291
●23ポイント

http://shattered04.myftp.org/item.html?TGT=pc_11

HDDに関する修復ツール他。。。

個人的には↓のDataAdvisorを使ってます

http://www.ontrack-japan.com/software/DataAdvisor.html

Ontrack社のDataAdvisor

ログに記録する機能があります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

「Windowsエラー画面集」は以前から参考にしていましたが、最近はこのページのことをすっかり忘れていました。もう一度見てみます。前にここで紹介されているソフトを動かしたことがありますが、他のメーカーのHDDでは動作しませんでした。メーカーのチェックしていないソフトの方が良いです。それからここで紹介されているソフトはどれも多機能ですごいソフトのようですが、単純に領域確保するだけのソフトで良いと思っています。(単純でないと使い方がよくわかりません)

「Data Advisor」をダウンロードして動かしてみました。手元に不良セクターのあるHDDがないので、使えなくなった古いHDDを検査してみました。検査するとエラーが6個出ると検査を中止してしまいました。エラーの場所は同じではないですが、いつも6個出ると中止してしました。最後までは検査しないようです。エラーの場所はトラック番号ではなくレコード番号だけで示されていたので少し分りにくいです。

このHDDではよくわからないのですが、HDD全般の検査ソフトとしては使えそうです。

次の回答を見てみます。


2 ● SOL
●23ポイント

http://www.kk-yec.co.jp/products/hdd_editor/top.html

「領域確保」ではないので、ポイント不要です。

FAT32かNTFSによって扱いは変わるとは思います。上記ソフトはどちらも対応しているようです。

◎質問者からの返答

>機能UPの予定

>●2バイト文字(漢字)入力を可能にします。

>●FDISK + FORMATコマンド機能を追加します。

と書いてあるので将来のFDISK機能に期待です。

次の回答を見てみます。


3 ● pahoo
●24ポイント

http://www.zdnet.co.jp/magazine/pcjapan/0010/sp2/01d.html

競争力向上にITを活用するすべての企業へ - ZDNet Japan

FDISKでもそうなんですが、古いディスクのパーティションを切り直す前に、必ずスキャンディスクとデフラグをかけて、不良セクタを除いておきましょう。

http://www.igd.fhg.de/~aschaefe/fips/

FDISKライクなパーティション・エディタ(フリー)です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

今までスキャンディスクで不良クラスタを除いておいても、FDISKで領域確保するときには無視されると思っていました。FDISKがそこまで賢いとは思っていませんでした。FDISKが不良セクターを避けて領域を確保したときにも驚きましたが、過去の不良セクターの情報を利用するのは驚きです。NTFS→FAT32とかFAT32→FAT16とかパーティションタイプが変わるとき無理そうですが、同じタイプのときはこの方法も使えそうです。今度機会があったらこの方法を試して見ます。

FIPSのページを見てみましたが、これはFDISKライクというより単純にFATのパーティションを分割するソフトのようでした。

次の回答を見てみます。


4 ● sasada
●24ポイント

http://www.sofmap.com/shop/product/tanpin.asp?PRDT_ID=1387032

ネットジャパンのPartitionMagic には、クラッシュ個所をマークして避ける機能があったと記憶しています。

http://www.sofmap.com/shop/product/tanpin.asp?PRDT_ID=1422154

メガソフトのパーティションコマンダーでも出来たかどうか。。。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

PartitionMagicは15000円もするのでとても手が出ません。15000円あればHDDを何台も買えそうです。

PartitionMagicのマニュアルをダウンロードして見たところ、ファイルを移動またはコピーする時に不良セクタを検出する機能があるようでした。

> 不良セクタ診断をオンにすると、不良ディスクセクタにデータが移動またはコピーされるのを防ぐことができますが、

パーティションコマンダーは開発元(?)のライフボートのページを見てみましたが、不良セクターに関することは書いてありませんでした。

このソフトもPartitionMagicもデータを削除しないでパーティション操作が出来ることが特長のようですが、そのような必要はないので、パーティションの1つも存在しないところへ新規に領域確保するだけのソフトでいいと思っています。その時に不良セクターはリトライしないで避けて領域確保するソフトを探しています。

次を見てみます。


5 ● ny152
●24ポイント

http://www.maxtor.com/en/support/downloads/powermax.htm

Maxtor is now Seagate

お探しのソフトは不可能です。

なぜなら、不良セクタがあるという事は、HDに何らかの障害があるという事であり、それを事前に検知する事は不可能です。

では、どうしたらいいかというと、不良セクタを2度と読みにいかない状態にすればいいのです。

これは、通常のフォーマットで、やっている方法ではだめで、Low Level Formatという方法を取ります

Low Level Formatというのは、一言でいうと、HDDを工場出荷状態に戻すという事です。

上記サイトからダウンロードし、Low Level Formatを選択して下さい。

但し、時間はかかります。

これを、行うとすべてのパーティションは消えます。

Low Level Format後に領域確保すると、不良セクタは一切読みに行きません

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

> お探しのソフトは不可能です。

質問がわかりにくい文ですみません。可能だと思っています。実際、Windows付属のFDISKが不良セクターをさけて領域確保をしているようです。

質問を別の書き方をしますと、

『ハードディスクの領域確保にWindows付属のFDISKを使っています。FDISKはアクセスに問題がある部分をリトライ(何回も)してからその部分を避けて領域確保をしているようです。リトライしないで問題がある部分を避けて領域確保をするソフトはないでしょうか?』

> Low Level Format後に領域確保すると、不良セクタは一切読みに行きません

これはLow Level Formatで不良セクターが代替セクターに置き換えられ、それで読みにいかないということでしょうか。代替セクターはSCSIだけでなくIDEにもあるのでしょうか。最近のIDEにはありそうですが、古いハードディスク(4GBや10GB)のものでもあるのでしょうか。

不良セクターが少なく代替セクターがあるハードディスクなら、このような物理フォーマットのソフトを使うことで解決しそうです。

次の回答を見てみます。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ