人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

マンホールのふたが原因で事故を起こしそうになりました。雨で濡れていたのが原因だと思います。東京電力か電電公社(NTT以前)のマンホールだと思うのですがこの場合管理者に損害賠償請求を起こし勝訴することは可能でしょうか?二輪車を運転する立場から言わせてもらえば鋼製のふたは世の中からなくして欲しいんですが。

●質問者: just
●カテゴリ:政治・社会
✍キーワード:マンホール 事故 二輪車 損害賠償 東京電力
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●15ポイント

http://rouche.tripod.co.jp/jiko2.html

自賠責になってしまった例。

http://www.rokurensei.net/keijiban/legacy02/leg0102.htm

訴訟は必要になるが、勝訴できるかどうかは不明。

◎質問者からの返答

さっそくの回答ありがとうございました。

全額自己負担になった方は何も行動を起こさなかったんでしょうか?

2つのサイトを見て「無謀な運転」はしないのが一番だと実感できましたが。


2 ● A6M2
●15ポイント

http://www.incl.ne.jp/~ksk/ksk/seido/koutuu.html

交通事故の損害賠償制度

によりますと、事故時に警察に連絡して「交通事故証明書」を発行してもらわないと、事故が証明できないようなので、この場合交通事故として損害賠償を求めるのは難しいと思います。

実際事故には到っておられないようですし。

URL中にある「交通事故紛争処理センター 」に問い合せてみれば詳しい事がわかると思います。

◎質問者からの返答

たしかに事故までは行ってないです。

何度かこういうことがあったんでどうにかならないものかなあと。

回答ありがとうございました。


3 ● A6M2
●15ポイント

http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/5205/index.html

交通安全バリアフリーを科学するoriginホームページ

関係無い話ですが、マンホールの蓋を滑りにくい物に変える運動をやっている人が居るようです。

リンクには複数の体験談も紹介されています。

御参考までに。

◎質問者からの返答

なるほど。

とっても関係があるような気がしますが。

ありがとうございました。

運動に参加してみたいという気持ちも出てきました。


4 ● sasada
●15ポイント

http://kouhou8.hp.infoseek.co.jp/jigyou/araya-repo.html

>「道路管理瑕疵と訴訟事例」

> ○全国の道路における道路管理瑕疵に係る損害賠償件数は、年々増加の一途をたどっており平成12年度には3,593件にのぼっている。

よいリンクを見つける事が出来ませんでした。

道路の舗装の不備等の場合、「道路管理瑕疵」で損害賠償の訴訟を起こす事があります。

が、相手方は、だいたい行政(自治体)になるようです。

マンホールのふたが滑りやすいことが「瑕疵」にあたるかどうか なんともいえませんが、一度調べてみる価値は有るかもしれませんね。

http://www.gyosei.co.jp/shinkan/search.cgi?BOOKNUM=6&VAL=Data/si...

株式会社 ぎょうせい

少々、お高いですが、「道路管理瑕疵判例ハンドブック」という書籍も有るようです。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

やはり判例があるんですね。

なんにしろ安全運転でやっていきたいと思います。


5 ● ngpaka
●15ポイント

http://www.sun-inet.or.jp/~tag34sai/zakkan20001.htm

ひとりごと2000年4月まで

マンホールのふたが、濡れると滑りやすくて危険だ、ということは私も感じていました。バイクはもちろん自転車でも、また歩行者にとっても同じです。

「鋼製のふたは世の中からなくして欲しい」

まったく同感です。

それで、ずっと調べていたのですが、前の方の回答にもありますように、スリップ事故について書かれているサイトはあっても、訴訟はもちろん、その責任の所在について触れられているサイトは、見つかりません。現実にマンホールのふたに起因する事故が相当数起きているのに、どれも結局「自己」責任ということで片づけられているのでしょうか。関係当局はそうした事情(欠陥)を承知していながら、「ふたの模様の工夫」程度でお茶を濁していることに、憤りすら覚えます。

前書き長くなってしまいました。

スリップ自己ではありませんが、マンホールの蓋による交通事故で、管理者から損害賠償を受けられた例を、二件見つけましたので、紹介します。

(尚、その管理責任は、道路管理者ではなく、そのマンホールの設置者(下水ならば自治体、電気ならば電力会社、等)にあるようです。)

上記URL。ページ下よりに、

>四発目、今度は先々週末、買い物帰りに走行中、道路に埋設してあったマンホールの蓋が反対になっていて、つまり突起のついているほうが上側になっていて、(中略)

左後方のタイヤが大破してしまった、という次第である。

これは市の下水道課の管理責任で、全額市に負担してもらうことで決着した

http://www.city.matsue.shimane.jp/koho/press/h13/m010222aa.htm

松江市議会の議案目次です。

ページ一番下に、

>市道を走行中の軽自動車がマンホール蓋の突出部分に衝突し、タイヤ及びホイールを損傷したもの

[損害賠償額] 11,707円

と、あります。

2件の事例ともに、損害賠償にいたる経緯は不明ですが、「蓋が通常の状態ではなかった場合」には、管理者にその管理責任を問うことが可能という例です。

ところが、ご質問のようにマンホールの蓋には、

「通常の状態でも、構造的に問題(欠陥)がある」わけです。

そこで、マンホールの蓋の規格について。

http://www6.airnet.ne.jp/manhole/kenkyu/jis.html

研究テーマその2

「JIS規格模様って何?」

マンホールの蓋の模様にもJIS規格がありました。

>マンホールにもJIS規格があり、JIS A5506で「下水道用マンホールふた」の規格が決められている。そこにあるマンホールふたの構造図に描かれている模様がいわゆる「JIS規格模様」なのである。

>JIS規格模様の元になった模様は「東京市(現在の東京都)」の模様である。

※何と「東京市」時代の規格が、改良されることもなくいまだに残っているわけです。

ただ、次にありますように、その規格に強制してはいないようですが。

>JISで模様が決まっていると言うことは日本全国のマンホールふたは全てJIS規格模様にしなければならないはずだが実際はそうではない。図面に付いている備考欄に「模様、紋章座及びガス抜き孔は、参考として示したもので規格の一部ではない。」と断りが入っているのである。模様についてはこれ以外全く規定がないので、自由なデザインが出来るのである。

マンホールの模様は滑り止めの役割を果たしているので、マンホールふたの製造会社及び市町村はデザインと機能性を両立させるためいろいろ工夫を凝らしているのである。

「マンホールの模様は滑り止めの役割を果たしている」

その役割を果たしていないものが多いから問題なんですが(笑)。

確かに、それぞれ工夫はしているようですが。

その一例です。↓

http://www.vill.kiyone.okayama.jp/cgi-bin/bbs/bbs.pl

ページ中ほどに、

マンホールの蓋 投稿者:【ともや】 ( 2003/5/10 ( 土 ):15:47 )

>本来マンホール蓋のデザインは交通車両のスリップ防止のために描かれたもので、最初は普通の溝だけでしたが、各自治体独自のデザインを採用するように変わってきました。ただ単に絵柄が綺麗とゆうだけではいけません。縦でも横でもどこからでも滑りにくいデザインがいいのです。清音のデザインはその点もバッチリです。

本当に「ばっちり」ならばよいのですが。

以下、関係事例を2件。

http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Race/4943/skywave.html

ムツバイク

>雨の日にマンホールの蓋で滑って転倒、あやうく対向車のタクシーに轢かれる経験をしました。

http://www3.ocn.ne.jp/~hiro-koi/jyo3.htm

こちらは、ジョギング中のこと。

>●2003年5月14日(水)

明日も雨だそうだが雨が降ると路面が滑りやすい、特にマンホールの蓋や、点字ブロックの上は要注意である。転倒して顔を大怪我した経験があるので無理をしないでゆっくり走ることにしている。

http://homepage2.nifty.com/kunimi-yaichi/hobby/manhole.htm

Profile

「マンホールとオートバイと」

最後にここを紹介して終わりにします。

ライダーの視点から、マンホールの問題点についてていねいに分析し、問題提起されています。

http://www6.airnet.ne.jp/manhole/kenkyu/kenkyujo.html

マンホール研究所

おまけです。

「マンホール研究所」

3番目URLのリンク元です。

>その5:マンホールのふたはなぜ丸い?

など、なるほどといったところです。

また、マンホールのことを、「人孔」ともいうようです。

ちなみに蓋は、「人孔蓋」また「人孔鉄蓋」としているところもありました。

ほとんど回答にはなっていませんが、これで失礼します。

◎質問者からの返答

とても参考になりました。ありがとうございます。

点字ブロックが滑るなんて本末転倒ですね。

ちなみに人の入ることのできない穴はハンドホールと言います。(手孔)


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ