人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

酸素と窒素原子の基底状態を項記号 2s+1,L,J (Hundの規則を利用)で示せませ〜ん(=д=)誰か助けて〜(懇願)

●質問者: gyaosu
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:原子 窒素 酸素
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● ngpaka
●40ポイント

http://homepage2.nifty.com/cryomedicine/wdR_Z.htm

用語集

ここは、参考になりませんでしょうか?

ページ中ほど、

「Shell」の項、

>電子が軌道に入るには、「複数の電子がエネルギーの等しい複数の軌道に入るときは、基底状態( 励起されていない状態) では別々の軌道にスピンを同じ方向に向けて入る」、と言うフントの規則(Hund rule) に従わねばならないとされている。軌道が3 つ、電子が3 つある時は、電子はそれぞれの軌道にプピンの方向を揃えて1 つずつ入る。決して1 つを空軌道として、残りの2 つに3 つの電子が入ることはない、という規則である。例えば、窒素( 7 N)の2pには3 つの軌道があるが、それぞれに3 つの電子がスピンを揃えて1 つずつ入っている。例外的に、酸素が励起されると、その最外殻(2p πy と2pπx)の一方のみに、又は両方に電子がスピンの方向を違えて入ったりすることがある(Hund ruleに従っていないことに注意!)。この状態が酸素ラヂカルの1 つ、一重項酸素である。Free radicals 参照。電子軌道の表現法にはいろいろな方法がある。・・・(以下省略)

外していましたら、ご容赦ください。

◎質問者からの返答

詳しい情報ありがとうございました( ̄∀ ̄)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ