人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

音楽を聞いていると、脳が高回転の時(勉強後etc・・・)は遅く、脳が低回転の時(就寝時、寝起きetc)は速く聞こえるのはなぜでしょうか? ちなみに音楽の種類はクラシックなどの歌無しのものになります。

●質問者: redsepia
●カテゴリ:医療・健康 芸術・文化・歴史
✍キーワード:ETC クラシック 勉強 音楽
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● sasada
●35ポイント

http://www.asahi-net.or.jp/~NG1F-iST/concentrate2.html

集中力の効用

>集中力の効用

>集中した状態では、ほんの一瞬を長い時間のように感じたり長い時間がアッという間に過ぎたりする。

http://www.asahi-net.or.jp/~NG1F-iST/time2.html

主観的時間

>主観的時間

集中している時は、五感から伝わる反応が相対的に遅く感じます。

寝起きのときなどは、脳の認識能力が落ちているので、五感から伝わる反応が相対的に速く感じます。

ヴォーカル無しの曲の方が違いが顕著なのは、人の声に対する反応がない分、脳の認識力が反応しにくいせいでしょう。


2 ● heat-voltage
●15ポイント

http://look2.info/r.php/kokoronayami/1/

↑は無視してもらって構いません。

恐らく、脳のうち音楽と勉学では、処理する部位が違うものの非常に近いからではないでしょうか?

http://homepage3.nifty.com/~bemsj/RF6.htm

高周波電磁界に関するコーナ(6)

憶測ですが、モスクワシグナルのようなものも関連しているかも知れません。全く至らぬ回答で申し訳ございません…

◎質問者からの返答

参考になりました。

一部まだ不可解な点もありますが、

ある程度解決したと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ