人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「項が強い」「うなじがこわい」の意味をご存知の方教えてください。

●質問者: mmatsuo
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:うなじ
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● opponent

http://dic.yahoo.co.jp/bin/docsearch?p=snj11742081&check=c&word=...

Yahoo!辞書検索: こわ・い【強い】

【(2)強情だ。「情の―・い人」】

http://etext.lib.virginia.edu/japanese/taketori/AnoTake.html

UVa Library Etext Center: Japanese Text Initiative

UVa Library Etext Center: Japanese Text Initiative: 竹取物語

御狩のみゆき(ページの下から三分の一あたり)

【嫗、内侍の許に歸り出でて、「口惜しくこの幼き者は、強く侍る者にて、對面すまじきと申す」。】

以上のように、「強(こわ)い」だけでも「相手の言うとおりにせず強情」という意味になるのですが……、実は旧仮名の聖書によく出てくる言葉なんです。

http://www.cozoh.org/denmo/Acts.htm#C7V51

Acts(Denmo)

Acts(Denmo) (電網聖書-使徒行伝七章五十一節)

http://www.uc-japan.org/unify/doctrin/principle/bible/newtest/05...

第7章

使徒行伝 第7章

【強情で,心にも耳にも割礼を受けていない人たちよ。】

【ああ、強情で、心にも耳にも割礼のない人たちよ。あなたがたは、いつも聖霊に逆らっている。】

この部分は、旧字旧仮名の『舊新約聖書』によれば――、

『項(うなじ)強(こは)くして心と耳とに割礼なき者よ、』(旧字は新字にしました)

――となります。「強情」「神に従わない」という意味ですね。

なお、「項が強い」について、旧約聖書には以下のような文例があります(以下、旧字は新字に訂正)。

(1)「エホバまたモーセに言たまひけるは我この民を観たり視よ是は項(うなじ)の強(こは)き民なり」(出エジプト記三十二章九節)

(2)「……我は汝の中(うち)にをりては共に上(のぼ)らじ汝は項の強き民なれば恐らくは我途(みち)にて汝を滅ぼすにいたらん」(出エジプト記三十三章三節)(*A)

(3)「エホバ、モーセに言(いひ)たまひけるはイスラエルの子孫(ひとびと)に言へ汝等(なんぢら)は項の強き民なり……」(出エジプト記三十三章五節)

(4)「汝知る汝の神エホバの汝に此美地(このよきち)を与えて獲させたまふは汝の義(ただし)きによるに非ず汝は項(うなじ)を強(こは)き民なればなり」(申命記九章六節)(*B)

(5)「然(され)ば汝ら心に割礼を行へ重(かさね)て項(うなじ)を強(こは)くする勿(なか)れ」(申命記十章十六節)(*C)

(6)「然るに彼ら聴(きく)ことをせずしてその項(うなじ)を強(こは)くせり彼らの先祖等(せんぞら)がその神エホバを信ぜずしてその項(うなじ)を強(こは)くしたるが如し」(列王記下十七章十四節)(*D)

(7)「汝の例規(さだめ)(人のこれを行(おこな)はば之によりて生(いく)べしといふ者)を犯し肩を聳やかし項(うなじ)を強(こは)くして聴(きく)ことをせざりき」(ネヘミヤ記九章二十九節)

(8)「されど彼らは我にきかず耳を傾けずして其(その)項(うなじ)を強(こは)くしその列祖(せんぞ)よりもまさりて悪をなすなり」(エレミヤ記七章二十六節)

(9)「萬軍のエホバ、イスラエルの神かくいひたまふ視(み)よわれ我(わが)いひし諸(もろもろ)の災(わざはい)をこの邑(まち)とその諸(すべて)の郷村(むらむら)にくださん彼らその項(うなじ)を強(こは)くして我言(わがことば)を聴(きか)ざればなり」(エレミヤ記十九章十五節)

(1)……神がモーセに「イスラエルの民は強情だ」。

(2)……神の言葉で「お前らイスラエルの民は強情だから、わたしは途中でお前らを滅ぼすだろう」。

(3)……神がモーセに「イスラエルの民に言え『お前らは強情な民だ』」

(5)……「心の包皮を切り捨てよ。二度とかたくなになってはならない。」(*A)

(9)……神の言葉「わたしが言っていたもろもろの災厄を、この町とすべての村に下してやろう。(それは)彼らが強情で、わたしの言葉を聞かないからだ」

――などなど。要するに、「強情で、神の言う通りにしない」という文例ばかりのようです。

もともと「強(こわ)い」だけで「強情」という意味ですが、「項(うなじ)」を加えることにより「相手のいうことを聞かない」で「かたくな」という意味を強調しているものだといえます。

(*A)(*B)

http://www.kuon.or.jp/akasi/2002/hinoue.htm

神との出会い

神との出会い

2.愛なる神

【人の努力では罪からの救いに届くことはないことを心底から体験する必要があった。(「律法を行なうことによっては、だれひとり神の前に義と認められない」ローマ3:20)罪に支配された人は、自分に破れ果てるまで、絶望するまで、自己を肯定し、自分の義を言い張って、容易には十字架のイエスを仰ごうとしない。神の前に罪人として頭を下げることを拒否する。いや、「毒を食らわば皿まで」と開き直ることさえある「うなじのこわい民」(出エジプト33:3、申命記9:6)である。まことに罪の下に奴隷となっている人間の姿である。】

(*C)

http://www.is.seisen-u.ac.jp/~zkohta/bible/old_t/1/deu.html#deu1...

旧約聖書・申 命 記 / The Old Testament ”Deuteronomy” 第10章

(*D)

http://kansaikccj.pinky.ne.jp/12ki.html

■列 王 記 久 利 英 二

? 北王国崩壊の理由(7‐23)

【エジプトから解放した主を捨て,異邦の神々に従ったこと,主の警告と呼びかけを無視し,うなじのこわい者となったこと,それ故主が怒り,彼らを略奪者の手に渡し,ダビデ家から引き裂き,主に従わないように仕向け,御前から取り除かれたこと.長い歴史を通しての,イスラエルと主とのあるべき信頼関係の破綻が原因である.政治的必然の根底に流れる霊的必然の実態がまとめられている.北王国の崩壊理由を語りつつ,それが全イスラエルの問題であり,南王国への警告も含んでいることに注目したい(13,19).〈見張りのやぐらから……〉(9)は小さい町から大きい町まですべて.〈先祖たちよりも,うなじのこわい〉(14)は強情,かたくなさを表す表現.……】


2 ● A6M2

http://www.jfhsanbi.com/message/2002msg/msg02/msg0209.html

msg2002September

>「うなじがこわい」とは英語では「首が固い」という意味を使っています。それは心の頑固さを表してします。

だそうです。

「項が強い」は「うなじがこわい」を漢字変換したものではないでしょうか?


3 ● enishi212

http://www.google.co.jp/search?q=cache:Jj27prapVfYJ:www.jfhsanbi...

このページの「2002年9月1日日曜礼拝メッセージ」にありました。

「うなじがこわい」とは英語では「首が固い」という意味を使っています。それは心の頑固さを表してします。

ちなみに、「強い(こわい)」とは「強い(つよい)」やかたい、きびしいという意味です。

◎質問者からの返答

お答え有難うございました。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ