人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ビジネス文書の用紙サイズがB5(B版)ではなくてA4(A版?)が国際標準である旨解説しているサイトなり文献なりはありませんか?

●質問者: manhattan
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:サイト ビジネス 用紙サイズ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● いのくに
●18ポイント

http://www.comquest.co.jp/typography/random/paper/

日本でよく見るB5サイズの大学ノートやレポート用紙など、海外では見かけないと思いませんか? これはB列が日本独自の規格だからなんですね。

http://www.ojipaper.co.jp/etc/p_m/p02/p02_01.html

紙の仕上寸法にはA列とB列があって、A列はドイツ工業規格(現在は国際規格になっている)をそのまま採用したものです。

http://www.okina.co.jp/standard.htm

A0〜A10まであり、ドイツの工業規格をそのまま採用したものです。

http://www.shiroki.com/pages/13-paperstory/paper-print/print-01....

ドイツの紙の寸法規格は1934年に国際規格としてみとめられ、戦後lSO(国際標準化機構)に引き継がれ、紙の寸法規格(ISO216)に規定されて今日に至っています。

http://www.amy.hi-ho.ne.jp/kido/size.htm

14-2.用紙のサイズ

A判は当時のドイツの工業院規格をそのまま採用しました。現在は国際標準化機構(ISO)の国際規格になっています。A 列はドイツの DIN(Deutsch Industrie Normen)の A 列をそのまま採用し、面積は1平方メートル、縦と横の長さの比が1:1.414(ルート2)となるように841mm×1189mmを基本として、これ A 列0番としています。

http://www.hbc.co.jp/radio/oshiete/o-010508.html

直子の教えてランド

A列系統の大きさの規格は、ドイツから入ってきた物です。19世紀末に、ドイツのオストワルドという物理学者が考えた規格で、国際規格にもなっています。紙の短い辺と長い辺の比率が、1対ルート2になっているんですが、長い辺を半分に折って、さらに半分折ることを何回繰り返しても同じような形のまま、面積が半分になっていくということで考え出されたんですよ。それに、ドイツはもともと、グーテンベルグが印刷の技術を発明したように、印刷については発展していたんですよね。A0の寸法は、841ミリ×1189ミリの大きさで、ちょうど1平方メートルとなる大きさが基準となっています。

◎質問者からの返答

???????????????????????B


2 ● paffpaff
●18ポイント

http://www.glocomnet.or.jp/appf/report2000/5.ja.html

用紙サイズは、ISOで国際的に決められているが、国によりそれ以外のものも帰営している場合がある。米国のレターサイズ、リーガルサイズや我が国のJISのB系列もISOには規定されていない。

http://www.iso.ch/iso/en/ISOOnline.frontpage

実際に規格を確認したければISOから購入するしかないのですが・・・

http://homepage2.nifty.com/seiyosha/papersize.html

A列はISO(国際標準規格)と同じですが、JIS B列は美濃紙のサイズが基になっており日本独自の規格です。


3 ● finalvent
●17ポイント

http://someya1.hp.infoseek.co.jp/chap-2

(1).html

「2.1.2 ビジネス文書はA判が標準」をご参照ください。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


4 ● adlib
●17ポイント

http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/day?id=87518&pg=20021110

与太郎文庫

→2002/11/14 (木) 情報美学について

○=A列は、 840×1188mmの大きさで、面積1.0平方メートル。

○=B列は、1456×1030mmの大きさで、面積1.5平方メートル。

×=B列は美濃紙のサイズが基になっており日本独自の規格(?)。

○=B列の面積はA列の1.5倍、B列の1.5倍はC列となる。

(以下D列〜Z列など、無限に設定できるが、ほとんど実用性がない)

用紙寸法に対して、文字の大きさや余白の比率も重要ですが、現在の

パソコンでは、もともと画面や文字の大きさがメートル法でないので、

A列B列の規格は不適合なのです。

わたしの個人的なルールですが、A4判の用紙にB5判の本文面積を

収める、一行32字詰め(2段組)、本文8ポイント(見出し12P)、

行間150%、などを原則としています。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ