人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

刑法三十七条一項の緊急避難ですが、人命を犠牲にしても罰せられないか、罪を減免された判例はありますか。諸外国ではどうでしょうか。

●質問者: nameforhatena
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:どうでしょう 七条 刑法 判例 外国
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● ryokuma
●40ポイント

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/law/lex/98-6/matumiya.htm

日本刑法三七条の緊急避難規定について(松宮)

ドイツとの比較も載っています。

http://www.hou-nattoku.com/mame/yougo/yougo21.php

正当防衛と緊急避難 | 法律用語 - 法、納得!どっとこむ

正当防衛と緊急避難の差違

http://www.hatena.ne.jp/awindow?qid=1062498154

awindowさんのプロフィール - はてな

これは私見ですが、緊急避難において罰せられるかどうかは、身に迫ったある危険を回避した際、回避したために生じた損害が回避しなかった場合に受けるであろう損害を超えない限り、

罪はないと解釈しています。

例として、よく挙げられるのが

海で遭難したとして、溺れないために漂流物にしがみついたが、運悪く他の遭難者もその漂流物にしがみつき、その漂流物が二人は支えられない強度であった場合、その遭難者がもう1人の遭難者をけ落としたとしても罪にはならない。

というものです。

◎質問者からの返答

漂流物の話はカルネアデスの板として存じています。詳しいサイトをありがとうございま!ま?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ