人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Bフレッツの「ビジネス」と「ベーシック」の実質的違いって何ですか?同時セッション数がそれぞれ4と2である、NTT局からの分岐がそれぞれ4と8である、というのは聞いていますが、スループット、障害率、レイテンシー等、そんなに違いがあるものなのでしょうか?値段がかなり違うので迷ってしまふ。。

●質問者: akibare
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:Bフレッツ NTT スループット セッション ビジネス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● いのくに
●20ポイント

http://www10.ocn.ne.jp/~k-shiba/bnn/pon.htm

ベーシックタイプではNTTビル側メディアコンバータから先の回線を複数ユーザーで共有して地域IP網に入りますが,ビジネスタイプでは加入者宅〜地域IP網の間で1本の回線を専有できます。

◎質問者からの返答

大変役にたすサイトを教えていただきました。ありがとうございます。「ベーシックタイプではNTTビル側メディアコンバータから先の回線を複数ユーザーで共有」この「複数ユーザー」が実際何人なのかが問題ですな。。


2 ● wakatono
●20ポイント

http://flets.com/opt/offer.html

提供条件|Bフレッツ|フレッツ光公式|NTT東日本|インターネット接続ならフレッツ光

設置を許可される自営端末設備数が異なります(要は何台つなげるか?ということ)。

ビジネスは50台以下、ベーシックは10台以下の端末をつなげることが可能です。

余談ですが、それを超える端末を接続させる時には、つなぐつながないは別として端末数に応じた料金を払うのが筋のようです(営業さんの言)

◎質問者からの返答

ご返答ありがとうございます。私の聞いた話では、端末数はあくまでも建前であって、「筋」がどうであれほとんどの人が端末上限を超えて使っているということでしたが。実質的違いは、NTTメディアコンバーター〜地域IP網の接続を共有するか否かということで、平均スループットが異なるということで良いでしょうか?「ベーシック」は測定サイトの統計等を見ると平均20Mbps程度らしいので、「ビジネス」だと平均50Mbpsくらいは出るのかしら?


3 ● いのくに
●30ポイント

http://bb.watch.impress.co.jp/news/2001/09/03/bflets.htm

NTT、Bフレッツに高スループットメニューを追加

「あくまで設計上の数値ではあるものの、ビジネスタイプはベーシックタイプの5倍程度のスループットを発揮できるように構築する。NTTは具体的な方法を明らかにしていないが、収容局内のルーティング設備を最適化、トラフィックを分散させたり高速な機器を使用したりするなどして高スループットを実現する。ビジネスタイプ専用の地域IP網を構築している可能性もある。」

2001年の記事でずが・・・。(笑)

http://www.big.or.jp/~roadist/netiquette/ne019.htm

ネチケット千夜一夜:第19夜

「ビジネス」とかになると自分のアクセス回線の通信速度がどうのこうのというより、通信相手先の混み具合やプロバイダの回線がボトルネックになるような気がしますが・・・。(笑)

「ビジネス」を使う人は、下りの通信速度を期待するよりも、上りの通信速度を期待しているのではないでしょうか?

サーバを立てたり、大量のファイルをアップロードしたり・・・。

バックボーンの太いプロバイダを選択することが重要でしょう。

◎質問者からの返答

すばらしい回答ありがとうございます。主に外を見るだけの人は「ベーシック」で十分ですね。


4 ● Ayukawa
●10ポイント

http://flets.com/opt/s_outline.html

サービス内容|Bフレッツ|フレッツ公式|NTT東日本

現在、Bフレッツの勧奨をしている者です。

「ビジネス」企業(大企業)向け、「ベーシック」は中小企業・SOHOの向けという風になっています。

値段の違いは、一度に繋げるPCの台数の違いと同時セッション可能数です。

速度は「ビジネス」「ベーシック」共に、50〜70Mbpsは出ます。

SOHOでも、5台程度の接続でしたら2セッションで、月に4500円です。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ