人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

法律的に問題がないか教えてください。映画の宣伝ポスターを最大ベニア板サイズに貼り、現時点では90cm×90cmを考えています、路上に立て持っている行為は法的に問題がありますか、手で支えているので移動は可能です。場所は下北沢の駅前、人通りの多いところです、進路妨害をしない配慮はしますが、路上に支える意味で置くことが法的に触れるか?あとカセットで大音量ではありませんが音楽を流します。これも併せて教えてください。

●質問者: asamesi
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:カセット サイズ ベニア ポスター 下北沢
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● aglis
●18ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

URLはダミーです。

本来は法的には触れませんがこの宣伝行為を行うにあたって注意事項を挙げたいと思います。

1.駅前ということで時間帯を注意する

2.共有部分のスペースを使用するよりかは駅前の商店の許可をとりお店の前でやらせてもらったほうが揉め事は少ないと思います。

3.音についてですがあまりにうるさいと住民から苦情がでると思うのでそこらへんは音量を考えてやったほうがいいとおもいます。

4.もし文句をいってくる人がいたらただちに撤退、または場所移動をお勧めします。

これらを考えた上で行えばスムーズに宣伝活動が行えると思います

◎質問者からの返答

ありがとうございます、商店の了解これはわかりませんでした。


2 ● JunK
●18ポイント

http://www.police.pref.aomori.jp/koutsubu/dourokyoka.htm

以下に該当して道路を使用する場合は、警察署の許可が必要です。つまり、ポスター看板を道路に置いて宣伝したり、5人以上で宣伝したり、宣伝ビラを配ったりする場合です。

※東京のでいいのが見つからなかったのですが、大きな違いはないと思います。

尚、下北沢駅前道路であるか広場であるかによって判断が異なります。

※新宿駅西口前広場を通路に変更したことで、無届け集会等を取り締まれるようになったと聞きます。

>(2) 道路に石碑、銅像、広告板、アーチその他これらに類する工作物を設けようとする行為

>オ 道路において、旗、のぼり、看板、ちょうちんその他これらに類するものを持ち、

> 又は楽器を鳴らし、若しくは特異な装いをして広告宣伝すること(5人未満のものは除く)

>ク 交通の頻繁な道路において、広告、宣伝等の印刷物、風船、旗等を散布し、又は通行する者

> にこれを交付すること

※繁華街で手持ち看板宣伝が置き看板に負けないかの理由になってます。置き看板:違法撤去対象、手持ち看板:その件だけでは取り締まれない

http://www.city.setagaya.tokyo.jp/seikatu/kurasi/kurasi8.html

>区道を使用するときは、区の「道路占用許可」と警察署の「道路使用許可」が必要です。

>都道については東京都第七建設事務所(TEL.03-3476-1881)へ。

多分、区の条件も警察のに準拠すると思いますが、一応区の生活課等に相談してはいかがでしょうか?。

http://www.shimokitazawa.net/index.html

下北沢散策

回答者1の注意事項はもっともなことですね。参考までにドウゾ。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

とても参考になります。


3 ● masaomix
●17ポイント

http://www.officecats.net/

動物愛護同人「ねこの事務所」

URLはダミーです。私のサイトです。すいません(^-^;

ご質問の内容に正確な答えを出すのは

きわめて難しいと思います。

こうした行為は全て、目的と結果の両面で判断されるからです。

まず基本的には、他人の著作物を持ったり置いたりしても、

これは何の問題もありません。

目的が著作物の二次使用で無い限り、

著作権という財産権を扱っているのではなく、

単なる物品を扱っているだけに過ぎないからです。

しかし、これを持ったり置いたりする場所に

問題が出てくる可能性はあります。

路上とお書きですから、これが公道上の場合は

道路使用許可証が必要です。

基本的に道路というのは通行することが主目的ですから、

異なる用途に使用したい場合は、

事前に所轄の警察所長名の許可書を受けておくことが必要なんです。

昔はみんなの道路なんだから座ったって立ったって歩いたって

何だっていいだろうという考え方だったんですが、

70年代安保闘争以降、道路通路は通行が主目的、

という扱いに変えられてしまったそうです。

要は政治集会排除だったんですけどね。

また駅前とのことですから、場所によると

警察所長名の許可書ではなく

駅管理者の許可書が必要になるかもしれません。

公道ではなく駅に属する敷地内だと、

警察署長名の許可書は効力を持たないからです。

これらは物の置き方、持ち方に関わらず、

立ち止まったり複数で練り歩いたりする

ほとんどのイベント的な行為に必要な下準備です。

音響については、東京都の場合、軽犯罪法と、あとひとつ、

「拡声機による暴騒音の規制に関する条例」の2つによって規制されます。

基本的には10メートル離れて85デシベル以上の音量だと

違反とみなされます。

この音量は、おおむね怒鳴り声を至近距離で聞いた大きさくらいと

考えていいですが、雑踏で音楽を流す場合、

きっとこのくらいは超えちゃうと思います。

ま、そんなことを言っても、私たちには表現の自由という

基本的人権があり、これはどのような法律によっても規制を受けません。

ですから、自己表現というきちんとした目的意識を持って行う限り、

現場を警官が取り囲もうが、一晩やそこら留置されようが、

そんなのは恐くない。起訴されるおそれはまずありません。

仮にそんなことになったらまず当番弁護士を呼ぶ。

きちんと権利を主張すればなんでもありませんから、

とにかく基本だけ押さえて、あとはガーッといっちゃいましょう。

通行人や警察官、駅員ともめないこと。

ジュースの空き缶の放置などの些細なことにも気を配って

一切の不法行為を避けること。

別件で連れて行かれるようなことをしない限り

胸をはってパフォーマンスしていいと思いますよ。

いい一日を!!

◎質問者からの返答

勇気を得る回答感謝します。


4 ● EdgarPoe
●17ポイント

http://d.hatena.ne.jp/EdgarPoe/

知のくずかご。E.A.Poeのソーウツ日記

初めまして。E.A.Poe(知のくずかご)と申します。

主題:法的な問題はとにかく、本気でやる

小生もこういうノリは大好きです。

そこで、こういうことをやるときの心構えを記します。

1:バカバカしいことほど本気で取り組む

2:誰から見られても顰蹙を買わない用に注意する

3:いつでも取りやめができるようにしておく

こんなところでしょうか。

詳しくは上述の小生の日記「知のくずかご」にこれから書きます。

ご興味がおありであれば、おいで下さい。

お役に立ちますかどうか。

◎質問者からの返答

すみませんよくわかりませんでした

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ