人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近立ち会い出産をする人が増えていると聞きます。実際のところどれくらいの割合の人が立ち会い出産をしているのでしょうか。年代別や初産経産の違いによるもの、地域性などの統計情報があればなお良しです。

●質問者: landis
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:出産 地域 年代 産経 統計
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● masaomix
●18ポイント

http://www.reborn.ne.jp/humanbirthpark/ottonotatiai/ottonotatiai...

立ち会い出産はなんと全体の18.2%と書いてありました。

これはかなりの数字ですね。こんなにも普及しているのかと驚きました。

http://www.reborn.ne.jp/saninjoho/saninjohotop.htm

「立会い」「早期からの母子同室」ができる産院を中心に

アンケート回答のあった産院を集めたリストのようです。

これを見る限り、まだ地域性というものはあるように思われますね。

----------

そんなわけで、ご質問の主旨に合致するような

はっきりとした統計のようなものは見あたりませんでしたが、

とりあえず以上の2つをご紹介してみたいと思います。

私は動物が専門なんですが、その目で見ると、

出産にオスが立ち会う哺乳動物というのは極めて稀なんです。

ほとんどの哺乳動物が、普通はオスを遠ざけます。

人間だけが立ち会いを望む。女性も男性も。

ここに人間の心、愛といったものの特別なところというか、

素晴らしさがあると思うんです。

現在、立ち会い出産には、陣痛時まで立ち会わせるもの、

分娩室へも同行できるものの2通りがあるようです。

また産院によって前者限定の所、両者選択可の所、

色々あるようです。

いずれにせよ、立ち会い出産を奨励している所では、

妊婦の事情を理解させる、また男女共同の子育てを目指す、

そんな男の側への教育が重視され、

パートナーが一定のお産教育を受けることを

立ち会いの条件としている所も多いようです。

ちなみに私はまだ未婚ですが、そういう時になったら、

絶対立ち会いを希望します。

というか、私は一応赤十字救急員の認定証持ってるものですから、

一回妊婦さんの緊急出産の救助をしたことがあるんです。

もう既に搬送不能の状態で現場でやるしかなく、

医師の到着まで電話の指示に従って介助しました。

感動しました。命というものの素晴らしさを身を以て体験しました。

この感動からスタートする子育て。

より多くの人に体験してもらいたいと、私はそう思います。

◎質問者からの返答

2割近くというのは、思っていたよりかなり高いですね。

私はどうするか決めていませんし、普及率(?)が高いからそうしよう、というものでもないので、結局は相手との相談かなと思っていますが、

相手が嫌でなければその場に立ち会うのも時流としての一種の責任かなという気も少ししていて、

難しいところですね。


2 ● ngpaka
●18ポイント

http://allabout.co.jp/children/childbirth/closeup/CU20030118C/

約3割が立ち会い出産 立ち会い出産しましたか? - [妊娠・出産準備]All About

なかなか詳しいデータが見つからないのですが・・・

「約3割が立ち会い出産」

立ち会い出産しましたか? 2003/01/18

妊娠・出産について「こそだて」でアンケートを取った結果

>パパが希望して立ち会い出産したのは23%、ママが立ち会いを希望して実現したのが8%。合わせて約31%が立ち会い出産したという結果が出ました。

>「立ち会いできなかった」というパパも22%いましたから、病院の受け入れ体制などが整えば、約半数以上のパパが立ち会いできたことになります。

http://www.babycome.ne.jp/online/article/backno/toku5-2.html

「ベビカムQ」

みんなの声を聞いてみよう

?妊婦・産婦500人へのアンケート結果 ?

■出産について

>約3割の方が夫の立ち会いで出産されています(図6上)。

http://www.babycome.ne.jp/online/article/backno/hori6.html

上記サイト関連ページです。

http://www.babycom.gr.jp/birth/btopic/bpapa3.html

立ち合い出産:お父さんのための出産準備babycom(ベビーコム)

同じくベビーコムのページです。

http://allabout.co.jp/children/birth/subject/msubsub_iroiro-otto...

蛇足ながら、立ち会い出産に関する情報ポータルです。

ご参考までに。

◎質問者からの返答

最初のアンケート結果はすごいですね。3割とは。

しかもタイミングが悪かったために立ち会えなかった人を考慮すると、立ち会い派と立ち会わない派は半々といったところでしょうか。

上の子の立ち会いというのも聞いたことはありましたが、3番目の先生の説明は素敵ですね。インフォームド・チョイス、なるほど。


3 ● will0
●17ポイント

http://life2.2ch.net/test/read.cgi/baby/1060004105/

ようこそボボンハウスへ

陣痛の最中言ってしまった言葉!

回答ではないのでポイントは要らないです

でも是非読んで欲しい

◎質問者からの返答

全部読んでしまいました。壮絶な中にも笑いあり涙ありですね。

次はボクが生むからと言った自称「バカ夫」さん優しいですね、大好きです(笑)。そうか陣痛の時には食欲が増すのかと妙な部分に納得。

みなさんにも、このスレ、おすすめです(笑)


4 ● nankichi
●17ポイント

http://www.nri.co.jp/opinion/r_report/survey/index.html

生活者1万人アンケート調査

このまま2割の人が立ち会い出産をしている、ととらえられると危険だと思うので、コメントします。

ポイントは結構です。

まず、調査結果をみるときは調査概要をみてください。

誰に、どのように、いつ調査をしたのか。それで結果はずいぶん変わってきます。

たとえば、通常のサンプリングを行うと2000年でのデジカメの普及率は11%になります。

http://www.myvoice.co.jp/voice/enquete/2903/index.html

デジタルカメラの利用に関するアンケート調査|インターネット調査のマイボイスコム

ところがインターネット調査では42%です。

下のインターネットの数字だけみると、4割の人がデジカメを持っているような気になりますが、そんなことはないのです。

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/syusseiji/01/

第1回21世紀出生児縦断調査の概況

今回ほかの方があげられている調査結果は後者です。雑誌の読者とか、allaboutにアクセスした人、っていうのはちょっと考えればわかるとおもいますが、元々立ち会いとか、出産方法とかにとても興味がある人でしょう。

後者の数字をみる際にはその点に注意してください。

では、前者のデータはあるのか?というと、たぶんありません。

この調査で聞かれていればよかったのですが・・・

回収率 87.7%で対象者が

全国の2001年に出生した子を対象とし、1月10日から17日の間及び7月10日から17日の間に出生した子のすべてを調査の客体とした。

調査主体が厚生労働省なので、日本で得られる最良のデータです。

関心がある項目があればご参照ください。

http://direct.nurse.or.jp/cgi/gakkai/gakkaiendai-e-2.asp?endaiID...

この調査の調査概要はわかりませんが、著者に聞けば何か教えてくれるかもしれません。

◎質問者からの返答

ええ、そうですね。極端な例としては「立ち会い出産サイト」みたいなのでアンケートを取ったら、世間離れした異様な数字がでると思います。95%とか。

デジカメ普及率11%というのも意外でした。感覚的には、え、こんな人まで?と思うような人まで行き渡っているので、もっと多いように思っていました。(この3年間でもっと変わっているのでしょうけど)

この質問では「増えているっていうけどどんなもんなの?」というのに関心があったのですが、図らずも様々な分野の統計情報を目にする事ができて良かったです。

「21世紀出生児縦断調査の概要」ありがとうございます。とても興味深い数字が並んでいます。

若者ほど喫煙率が高い、とか。

一般を対象にした喫煙率調査と比較すると、10代で子どもを生む人と喫煙率(あれ?10代って喫煙可、、、???)の相関関係なんかもわかりそうですね(笑)。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ