人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

クローン病(Crohn’s Disease) IBD(炎症性腸疾患 Inflammatory Bowel Disease)に関する医者・患者・周囲に役に立つページへのリンクを作っています。http://hokkaido.pos.to/2003-CROHN.shtmlこのページに追加すべき情報・サイトを探すのを手伝ってください。若干の説明文付きで教えていただけると助かります。よろしくお願いします

●質問者: will0
●カテゴリ:コンピュータ 経済・金融・保険 医療・健康
✍キーワード:IBD N’s クローン病 サイト リンク
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● finalvent
●30ポイント

http://www.c-bldg.com/

田辺製薬が提供するクローン病についてのサイト

http://health.nikkei.co.jp/hsn/hl.cfm?i=20030822hk001hk

いきいき健康 NIKKEI NET

牛乳に含まれる細菌がクローン病に影響

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=Pu...

[Chemically prepared fats and Crohn disease. A pil... [Z Gastroenterol. 1988] - PubMed result

マーガリンなど加工油脂はクローン病によくない可能性があるとする研究

http://www.healing-arts.org/mehl-madrona/mmchrohns.htm

Dr. Lewis Mehl-Madrona: Crohn's Disease: A Healing Program

米国でのクローン病患者の生活指導の一例

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。クローンビルディング

情報がまとまってて良いですね。

英文の情報も読ませていただきました

さっそくサイトに追加させていただきます。


2 ● masaomix
●20ポイント

http://web.hosp.kanazawa-u.ac.jp/snp/0102_clorn.html

ご紹介されていたページ、拝見させていただきました。

私は獣医野生動物学が専門分野ですが、

とあるきっかけから、ある難治性疾患と闘う皆さんと交流を持たせていただき、

そこでたくさんのことを学ばせていただきました。

貴サイトのこれからを、私も微力ながら応援させていただきたいと思います。

さて、私は前述のような皆さんとつながりを持つ中で、

いかに生が輝きであるかということを学びました。

お一人お一人が、本当に輝いて毎日を送っている。

そしてそれを支えるご家族の存在。

これもまた大きく輝く存在です。

そうした皆さんに、私は、いささか専門的な文書ではありますが、

この疾患に関する看護指針、これをご紹介させていただきたいと思うのです。

医療には様々な分野がありますが、

とりわけ生活に密着した部分を支えていくのが看護です。

入院時のみならず、緩解を得て帰宅した後も、

ご家族の皆さんに引き継がれていく看護の知識が極めて大切です。

看護はまず総合的なアセスメントの確認から始まります。

この視点として、とりわけ若い世代に好発する疾患でることに鑑み、

患者さんの抱える様々な問題を理解することの必要性が述べられています。

専門的な文書ですが、ご家族の皆さんにきっとお役に立つと思います。

金沢大医学部付属病院のページからご紹介させていただきました。

◎質問者からの返答

回答ならびに応援ありがとうございます。

医療側の情報ですね、すごいです。

さっそく載せようと思います

貴重なアドバイスもあわせてありがとうございました。


3 ● higashi_nari
●10ポイント

http://www11.big.or.jp/~denden/index.html

でんでんはうす

クローン病を全く知らない人にもわかりやすくまとめてあります。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

そうですね、丁寧にまとめられていて

便利だと思います。

さっそくリンクに追加させていただきます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ