人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

高齢者社会といわれています。高齢者は、いろんな意味で引っ込み思案になります。その原因の一つに「加齢臭」があります。老人本人にとって、結構深刻な問題なのです。加齢臭の原因と対策を教えてください。

●質問者: zen-nishikubo
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:加齢臭 社会 高齢者
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/5件

▽最新の回答へ

1 ● kamisama
●10ポイント

http://www.tcn-catv.ne.jp/~diet/2002-1.html

「加齢臭」と同じものなのかどうかわかりませんが、「おやじ臭」の原因物質はノネナールと言うモノらしいです。

しかし、実際他人からすると、体臭そのものよりも生活習慣などに由来する臭いのほうが気になるものらしいです。

リンクの1月8日のところ。


2 ● masaomix
●10ポイント

http://www.officecats.net/

動物愛護同人「ねこの事務所」

URLはダミーです。私のサイト(^-^;

さて、たしかに最近「加齢臭」ということが言われてきていますが、

この加齢特有の体臭は、年を経るに従って

「代謝の質」が変化してくることによります。

つまり、若い時の代謝というものは文字通りの新陳代謝で、

分泌腺を伝わって体外に排出される分泌物も、

古い物が新しい物入れ替わる、成長に伴う生理現象ですが、

中高年に至るとこれがただの「老廃物の捨て場」として機能することになり、

当然その成分も変わってくる、というわけです。

この加齢臭の主要な成分は「ノネナール」というアルデヒドで、

他のアルデヒドであるオクテナール、ヘキセナールなどに比べて

酸化、あるいは細菌繁殖による醗酵臭が発生しやすく、

特徴的な体臭を感じさせる原因となってきます。

加齢によるノネナールの分泌増大は、

まず脂肪酸のひとつであるバルミトオレイン酸の増加があげられます。

さらに加齢による組成変化を受けて酸化しやすくなったものは

これによる特有の臭気を放ちやすくなります。

また、いわゆる「体のサビ」と呼ばれる活性酸素が

健康上の重要な問題としてしばしば取り上げられますが、

人は加齢と共に酸化に対する抑制力が低下しますので、

よけいにこの酸化による臭気が目立ちやすくなってきます。

一般的に40代に入ると酸化に対する抑制力が低下しはじめます。

この酸化は内分泌系とも密接な関連があり、

いわゆる女性ホルモンは母体を保護する体の役割を調整し、

酸化に対する抑制力を保つわけですが、

男性の場合はその恩恵を受けにくい。

これが加齢臭を中高年の男性特有のものとする

もうひとつの要因になってきます。

したがって、加齢臭を防いでいく第一は、

体のサビ、酸化を防ぐことにあることがわかります。

これは、ガンその他の疾患を予防する上でも極めて大切なことになってきます。

活性酸素対策としては、まず生活習慣。とりわけ食生活が重要です。

特に野菜類に多く含まれるポリフェノール。

これは努めて積極的に摂取する必要があります。

抗酸化物質としてのアスコルビン酸(ビタミンC)や

トコフェロール(ビタミンE)等の積極的な摂取も大切です。

また、アルデヒドは脂肪代謝物として生成されるものですから、

飽和脂肪酸の摂取を抑制することも極めて重要です。

特に、穀食雑食性の人間は、植物油や魚肉に含まれる不飽和脂肪酸なら

体内で簡単に処理されてエネルギー源となっていくのですが、

畜肉に含まれる飽和脂肪酸は処理されにくく、

結局加齢臭の原因となるアルデヒドの原料になりがちです。

ここで加齢臭を防ぐメニューの基本が見えてきます。

野菜を中心に蛋白質は豆腐や豆料理、そして魚、

足りない栄養素は玄米で補っていくという、

伝統的な日本の食卓が見えてきますよね。

ここです、ここなんです、大切なことは!!

なぜ近年急に「加齢臭」ということが言われ始めたのか。

それが、食生活の変化からわかってきませんか。

伝統的な日本の食卓には、体のサビ、活性酸素を防ぐ生活の知恵、

民族の知恵が息づいていたんですね。

その伝統的な食生活が崩れてきた時に、

加齢臭という問題が浮上してくることになってきたわけです。

また、活性酸素の生成には、

喫煙、ストレス、不規則な生活、疲労、強い日光(紫外線)なども

深く関与してきます。

喫煙はビタミンCを破壊し、

直接的に活性酸素を体内に生成する引き金となり、

ヤニ臭さも伴って、オヤジ臭さを強調します。

ストレスには精神的ストレスと肉体的ストレスがあり、

たとえば冷房の効いた室内から炎天下に出るといった気温の急変、

古来あらゆる生物が体験したことのなかった高速移動物(自動車)への搭乗

などによって受ける影響が「肉体的ストレス」となります。

不規則な生活や疲労は自律神経系や内分泌系を冒し、

これによってさらに脂肪の代謝や活性酸素の生成につながります。

強い日光(紫外線)はオゾン層の破壊とも密接に関連します。

とりわけ北海道などの高緯度地域ではオゾンホールの問題があり、

関東から新潟にかけては米空軍管制空域を避けて高々度を飛行する

民間航空機の排出する排ガスによるオゾン層の破壊が深刻です。

総合的に、食生活を穀食菜食中心の伝統的日本食に戻す、

喫煙、ストレス、不規則な生活、疲労、強い日光(紫外線)などを避ける、

といった健康管理に努めることによって、

加齢臭はかなり軽減されていくようになりますが、

このことは裏を返せば、オヤジ臭さは不健康の赤信号、

生活習慣病の予告臭であるということ。

ここに注目すべき必要性がわかります。

健康で溌剌とした中高年に加齢臭の気まずさはありません。

いわゆるナイスミドルというやつです。

加齢臭は不健康の臭い。

清潔不潔などという外側にこだわる前に、

まずはここに注目していきましょう。


3 ● いのくに
●30ポイント

http://www.gomiclinic.com/nioikaigo/kaigo030.html

ニオイをケアする食生活、加齢臭を防ぐ(ニオイケアのためのガイド)… ワキガ・体臭・多汗専門五味クリニック

フリーラジカルが加齢臭の原因

http://www.2oi.info/kareisyu.html

加齢臭の悩みを解決! 2oi.info

なぜこのようなニオイが出るかというと、パルミトオレイン酸という脂肪酸が原因

http://health.nikkei.co.jp/mini/i001118a_01.cfm

いきいき健康 NIKKEI NET

中高年特有の体臭の元「ノネナール」は40歳をすぎたころから増えてくる

http://www.pic-bio.co.jp/topic/nioi03.html

体の臭いは生活の臭い ノネナール 汗腺 皮脂腺 脂肪酸

誰でもが持っている加齢臭とは

http://www.age-life.co.jp/kenkoujutsu/ke10.htm

加齢臭対策/クチコミ健康・美容術

加齢臭対策

http://www.beau-tech.co.jp/what/top.html

加齢臭(エイジングノート)とは

中高年に特有の“気になるニオイ”です。

http://www.fdd.tv/home/chap3/

fdd.tv

中高年特有のキツーイ臭いの正体を探る


4 ● satoxu
●30ポイント

http://www.health.co.jp/tisiki_4/2001_11.html#a3

健康知識-更年期の部屋

加齢臭自体の原因は脂肪酸です。主に汗などの分泌物から臭いが出るので、「肌着をつけて汗を吸収する」「下着をこまめに取り換える」「常に清潔をこころがける」といった対策が有効です。

http://www.nayami.jp/body/deodorant3.html

加齢臭対策 情報

上記サイトにあるような、デオドラント製品も多く発売されています。ネット通販などでしか入手できないというわけではなく、近隣の薬局などでも手軽に入手できると思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ