人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

半導体レーザーの分野に明るい人に質問させていただきます。量子効率と、量子微分効率とでははどこがどのように違うのでしょうか?また、レーザーの出力の効率を表すのに微分量子効率が用いられているのは何故なのでしょうか?

●質問者: Xenos
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:いただきます レーザー 半導体 微分
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● foobarqux
●40ポイント

http://www.kochi-tech.ac.jp/library/ron/2000/ele/1010266.pdf

私は門外漢ですが、敢えて回答させていただきます。

URLに示すPDF中の15ページ付近で、量子効率と微分量子効率を解説しています。

http://www.nd.edu/~ssriniva/photonics_lab/lab1/photonics_lab1.ht...

参考URLのFig.5をご覧下さい。

Quantum Efficency(量子効率)と

Differential Quantum Efficency(微分量子効率)の関係を表すグラフです。

お役に立てば幸いです。

◎質問者からの返答

上のpdfの説明を読んで、違いについて理解たと思います。大変助かりました。

foobarquxさんご回答ありがとうございました。

ちなみに

> レーザーの出力の効率を表すのに微分量子効率が用いられているのは何故なのでしょうか?

という質問についての自分なりの考えを書かしていただきます。

”ただの量子効率でレーザーの効率を表現してしまうと、しきい値電圧(立ち上がり電圧)付近において量子効率の値が大きく変動してしまいどの効率が一番正しいのか全く分からなくなってしまう。

そこで、微分量子効率で考えると、しきい値を過ぎれば、ほぼL-I特性(出力-電流特性)グラフが直線になるので、電流がいくら増えても効率は一定値をとる。

すなわち、「一定値をとる微分量子効率の方がレーザー効率を正確に表すことができる。」という理由で微分量子効率が使われていると考えられる。”

ポイントが残り少なくなってきたので、これで、質問の方は終了させていただきますが、上の私の解釈が大きく間違っている場合、どなたさまか、いわし掲示板でフォローしていただけると助かります。

厚かましいお願いですが皆様どうかよろしくお願いいたします。m(_ _)m

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ