人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

退職時の法的ルールについて知りたいのですが。 就業規定(入社後にできた)退職後競合に勤めてはならない と書いてあります。また、現在の担当業務にとって私が必要とされた場合に退職できないなどのシバリがあるのでしょうか。

●質問者: jsegawa
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:シバリ ルール 担当 現在 退職
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● wanta
●18ポイント

http://www.pref.fukushima.jp/chiroui/roushitoraburuQ&A/kobetu/20...

大丈夫

安心して

というか同じ業界で転職するのが一番多いに決まっています。


2 ● sasada
●18ポイント

http://www.hatena.ne.jp/list

人力検索はてな - 質問一覧

URLはダミーです。

この種の法的判断は、入社時に色々サインした書類(契約書)や就業規則の個々の条項に大きく左右されます。

具体的なことは法律相談などにお世話になる方が良いと思います。

ここから一般論ですが。。。

通常、就業規則は入社後の変更も適用されます。(合理的理由があれば)

「退職後競合に勤めてはならない」という規則も、よくあるルールですので、会社側がしっかりした手続きをしていれば、まず合法です。

「現在の担当業務にとって私が必要とされた場合に退職できない」というのは、よほど特殊な場合を除いて、まず無いと思います。

「退職は出来るが、再就職先に縛りがかかる」のが普通だと思います。

このあたり、お勤めの会社に労働組合があるなら、一度確認されてみてはいかがでしょうか。


3 ● masaomix
●17ポイント

http://www.peace21.info/~data/kenpo.html

職業選択の自由は憲法第22条で保証された基本的人権であり、

この中には退職転職の自由も含まれます。

したがって、競合会社に転職を禁じたり、

場合によって退職できないことがあるなどの規定は無効であり

強制力はありません。

また、一般社会の常識としてもそんなルールは認められませんよね。

ただし、そういう条項を「協定」として

「合意した」ということになっていれば話は別です。

もしかしたらそういう巧妙なやり口になっているのかもしれません。

協定の締結に違法性があればそれも無効とすることができます。

こういう勤労者の権利に関する問題は一般的に

労働組合が相談窓口になります。

おかしいなと思ったら、職場に労働組合があればそこに、

なければ職種に対応する組合の連合組織か、

個人単位で加盟できる組合に相談してみてください。


4 ● masi
●17ポイント

http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/siryo/panfu/panfu05/

職業選択の自由があり、日本国の憲法、法律に違反する規定は無効となります。また、労働者は退職の最低2週間前に申し出れば、(2週間あれば会社側が業務を引き継ぐのに充分とされる)こと足ります。

◎質問者からの返答

皆さま ありがとうございました。 ただ、自分の場合に「協定」に値する取り決めがあるかどうかを確認する必要がありそうです。 確認してみます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ