人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

昭和40年代の「5万円」と、現在の「5万円」とでは、およそ何倍くらい価値が違うのでしょうか?

●質問者: y_yamaguchi
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:価値 昭和40年 現在
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● ぽんぽこ
●10ポイント

http://www5a.biglobe.ne.jp/~uenoeizo/sub2641.htm

大卒初任給を基準とするとおおよそ15倍の差があるようです

http://www.nagoya-cci.or.jp/chosa/syoninkyu.html


2 ● windvalley
●80ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1068382244#

昭和40年代の「5万円」と、現在の「5万円」とでは、およそ何倍くらい価値が違うのでしょうか? - 人力検索はてな

大学卒初任給の推移は下記のとおり。

昭和46年 43,000円 →4.65倍 (今年の初任給約200,000円との倍率)

昭和47年 49,900円 →4.00倍

昭和48年 57,000円 →3.50倍

昭和49年 67,800円 →2.95倍

昭和50年 83,600円 →2.39倍

前半はわからない、すまん。平均4倍ということででいいんじゃないかな。

◎質問者からの返答

おおー、分かりやすいです。

ありがとうございます。

今、昭和44年発行の「デザイナーの世界〜その虚像と実像」という本を読んでいまして。

それで、おおよその目安が知りたかったので、多分、充分な情報です。

若干ですが、「うーん」うなる点があるとすれば、初任給とお金の価値が、どれだけ相関するものなのかということです。

うーん。でも、細かい数字ではなく、おおよその体感的な価値の差が読みとれれば、良かったので、充分な回答です。

私は53年生まれなので、なんとも、初任給が4万円というのは・・奇妙な感じです。変な違和感を感じます。

では、ありがとうございました。

これにて、質問を終了させていただきます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ