人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

建築を学んでいます。建築作品を、知覚的に分析したいのですが、展開図などの図式を使用して、一連のシークエンスを通して、研究しようとおもっています。(特に動線空間に着目しています)その際、何を知覚に働きかける要素としてよいのでしょうか??? 空間と知覚の関係も分かりやすい形で知りたいです。また、分析方法・参考文献(簡単なもの)なども良いものがあれば教えてください!!!

●質問者: nric
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 科学・統計資料
✍キーワード:いもの シーク 建築 研究 空間
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● shoma
●5ポイント

http://www7.bpe.es.osaka-u.ac.jp/~tsanada/research/depth_percept...

奥行き知覚の話

大阪大学の脳神経工学講座視覚神経科学研究室博士課程の方のページです。

知覚に働きかける要素がうまくまとまっています。

http://webcatplus.nii.ac.jp/

Webcat Plus

URLは図書連想検索です。

1. ビジョン―視覚の計算理論と脳内表現

D, Marr,乾 敏郎 (翻訳), 安藤 広志 (翻訳)

ISBN: 4782851235

2. 誰のためのデザイン?

D.A. ノーマン,野島 久雄 (翻訳)

ISBN: 478850362X

3.視覚心理学への招待 : 見えの世界へのアプローチ

大山正

1は視覚知覚の名著ですが,やや難しいかもしれません。

2はユーザビリティの本として有名ですが,銅線空間に作用する要素(アタッチメント)の参考になるかと思います。

3は定番の入門書です。

空間と知覚の関係の奥が深いので,なかなか簡単には説明できません。空間知覚,視覚知覚をキーワードに学ぶと良いでしょう。

◎質問者からの返答

とってもご丁寧にありがとうございました。

より建築論よりの文献や研究はあるでしょうか??


2 ● takachi73
●30ポイント

Amazon.co.jp: 建築のかたちと空間をデザインする: フランシス・D.K. チン, 太田 邦夫: 本

空間認知と建築の関係について研究されたいということでしょうか.

建築を学ばれているということで,すでにご存知かもしれませんが,参考までにURLを載せました.

Amazon.co.jp: 視覚の文法―脳が物を見る法則: ドナルド・D. ホフマン, Donald D. Hoffman, 原 淳子, 望月 弘子: 本

建築そのものとは少々離れますが,視覚のなぞに迫る良い本だと思います.著者は,あの Vision で有名な David Marr のお弟子さんですね.

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4254101570

Amazon.co.jp: 視覚情報処理ハンドブック: 日本視覚学会: 本

こちらの本は各種実験や分析を行ううえで参考になるかと思いますが,高い本なので図書館などでチェックしてみてはいかがでしょうか.

ほかには,大山,梅本「視覚心理学への招待」,サイエンス社や一般的な心理学実験に関する書籍なども参考になるかと思います.

◎質問者からの返答

とってもご丁寧にありがとうございました。

動線空間における知覚的な動的空間体験としてのシークエンスを通して、最終的には、建築のデザインの手法の話をしたいんですが、そのデザイン手法を評価する際、知覚的な現象として快適性・高揚感をどう定義してよいのか分かりません。そのあたりを研究している分野はありますか??

記号論、現象論、心理学、哲学的空間論などを連想しますが、ピンポイントなものはどういった分野なのでしょうか??

できれば、多分野を概観するのがベストだと思いますが、そういった文献を理解するのがなかなか難しいです。。。


3 ● takachi73
●5ポイント

Amazon.co.jp: 感性工学への招待―感性から暮らしを考える: 篠原 昭, 坂本 博, 清水 義雄: 本

快適性・高揚感をどのように定義したら...ということからすると,感性工学に近いような気もいたしますが,すいません,私は感性工学についての知識があまりないので,違っていたらごめんなさい.

日本感性工学会という新しい学会もありますので,そちらの論文誌などもチェックしてみてはいかがでしょうか.

http://www.eng.kagawa-u.ac.jp/~matusima/murai.pdf

「感性工学手法による建築デザインの応用に関する研究」という卒業論文のようです.あまりボリュームもないので,手軽に読めると思います.

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4306042855

Amazon.co.jp: 建築の形態言語―デザイン・計算・認知について: ウィリアム ミッチェル, 長倉 威彦: 本

建築を学ばれているということなので,ご存知かも知れませんが....

Amazon.co.jp: 空間デザインの原点―建築人間工学: 岡田 光正: 本

建築を学ばれているということなので,ご存知かも知れませんが,こちらなどは....

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

上記の文献にかなり関連がありそうな予感!なのでさっそく見てみます。


4 ● naotuku
●30ポイント

http://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/kenchiku/ningen_mokuji.ht...

建築設計資料集成【人間】

まずは、基本から勉強してはどうでしょうか?そこからいろんな分野に手を伸ばしていくのがいいのでは?

とりあえず、この本を参照してください。

http://ziggy.c.u-tokyo.ac.jp/lecsemi.html

田中純さんのページです。このページの中に建築の記述とは何か?というのがあります。参考になると思いますよ。

http://www.google.co.jp/search?q=%E7%A9%BA%E9%96%93%E3%80%80%E8%...

空間の記述方法について。

http://www.google.co.jp/search?q=%E8%AB%96%E6%96%87%E3%80%80%E6%...

実は論文の書き方がわからないのでは?

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ