人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

昔、ヤクルトがヤクルトおばさんを使った通販事業に参入したのですが、撤退したと記憶しています。この件に関して、Web上で詳しくかいてある記事等はないでしょうか?

●質問者: isogaya
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:ヤクルト 記憶 通販
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● kikuta
●10ポイント

http://www.office-deai.co.jp/yakult.htm

こんにちは。

ヤクルトラーメンのことでしょうか。

◎質問者からの返答

? 違います。


2 ● naofumi
●20ポイント

http://www.cuc.ac.jp/~s2kubota/thesis/ronbun/9610525/

上記HPにはヤクルトの通販事業はふれていません(参考までに)。ヤクルトと三菱商事が提携して通販事業に参入していました。時期はおそらく昭和60年〜62年頃だと思います。「シルバーリップス」?という名称の事業会社を設けて運営していました。シルバー色のカタログをヤクルトおばさんがデリバリーし、ユーザーがカタログを見て商品をオーダーするシステムでした。受注(売上)があがらず事業撤退したのでは?

◎質問者からの返答

ええ、これです。事業撤退の原因まで知れたらいいのですが、


3 ● JunK
●30ポイント

http://www.yano.co.jp/mrnew/mr0102/12syokutaku.htm

>ヤクルト本社から埼玉県で食材宅配サービスを展開

はじめは、このことかと思いましたが、2.回答者の情報から調べなおしました。

ヤクルト本社、三菱商事:無店舗販売会社「リプソン」

1984年12月3日 設立

出資比率:ヤクルト本社51%、三菱商事40%、大日本印刷3%、日本信販3%、日本通運3%

役割分担:三菱商事(商品調達)、大日本印刷(カタログ作成)、日本信販(クレジット)、日本通運(商品配送)

売上目標:初年度約60億円、五年後の1989年には1000億円 のはずが・・・

1988年8月31日 解散

損出:50億円

敗因:マーチャンダイザー不在による商品選定のミス、婦人販売員の商品知識の不足

→高級食料品(カズノコやベニハナ等)は好調だったが、高級婦人服や高級家具は不評

過大な初期投資のし過ぎ

あと、やろうと決めたヤクルト本社の社長(?)が退任された後は、

ヤクルト本社側の熱気が冷めたとも書いてありました。

尚、この情報は日経テレコン21により、日経四紙の記事を検索抽出した内容(79件)をざっくりとまとめたものです。詳しくは、新聞を見てください。短縮版がおいてある図書館もあります。

設立記事:日経産業新聞 1984/11/15 p15

日本経済新聞 朝刊 1984/11/15 p11

解散記事:日経流通新聞 1988/09/20 p2

◎質問者からの返答

ばっちりです。ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ