人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

犬を里親で引き受けた場合にやらなければならない手続きと、それにかかる費用を教えてください。予定では生後3ケ月〜6ケ月の中型犬を予定してます。概算で結構です。

●質問者: asamesi
●カテゴリ:生活
✍キーワード:中型犬 費用 里親
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● nicolesso
●20ポイント

http://www006.upp.so-net.ne.jp/happydoggies/satooyakai.html

里親会ってナニ?

引き取り手続き

手術費用の全額 or 一部負担のケースあり。

(数千円〜2万円くらい)

●予防接種・駆虫済ワンコ・・・・・・ 料金の全額 or 半額を支払うケースあり。

●その他・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ボランティア団体さんへの寄付金 or 加盟(会費負担)

(多いです!千円〜5千円くらい)

とのことです

◎質問者からの返答

ありがとうございます


2 ● ayayaya
●20ポイント

http://www.jyoto.jp/Q&A01.htm

ここに色々な事例がでています。参考にしてください。

◎質問者からの返答

とても参考になりました


3 ● masaomix
●20ポイント

http://www.city.kiryu.gunma.jp/web/home.nsf/0/4e5b0acfea455e5449...

桐生市|犬登録と狂犬病予防注射

わんちゃんに関する飼いはじめの手続きは、

狂犬病予防法による「取得した日から三十日以内に登録」、

これが唯一の法的手続きです。

狂犬病の予防注射は毎年4月から6月の間ですから、

この時に届ければいいんだと誤解している人が多いんですが、

予防注射と届け出は別物なんですよね。

まず登録はもらってきたらすぐに済ませ、

そして注射は来春、ということになります。

詳しいことは住まいの地域の市町村役場、保健所、

あるいは動物病院にお問い合わせください。

.

http://www5a.biglobe.ne.jp/~hiroko-n/inu-yobousesshu.html

そしてこれは法的義務ではありませんが、

かならずやっておいていただきたいこと、

それは「健康診断」と、狂犬病以外の病気に対する「予防接種」です。

これは、飼いはじめに「主治医を得る」ということ、

これからの健康管理の指針を得るということ、

そして何より健康を守るために絶対欠かせないことなんですよね。

人間の赤ちゃんの場合も、必ず定期的な検診と必要な予防接種で

守られていきます。それとおんなじです。

費用は動物病院によって違ってきますが、

最初の1回は検診と予防接種第1回目ということで

ちょっと高いかもしれません。

そして約1ヶ月後の2回目は追加の予防接種のみになりますので、

これはそんなにかかりません。

両方合わせて1万円前後で済むと思うんですが、

費用に関しては病院によってかなり異なりますので、

事前に予約がてら、電話などで聞いておくといいと思います。

なお、避妊去勢手術は飼い主さんの任意で、

必ずしも必須ではありません。

ただ、メスの場合はやっておくと、発情によるトラブルや、

将来的に、犬には比較的多い子宮蓄膿症などの発生が防げますので、

このへんは獣医師とよくご相談の上、

飼い主さんのポリシーで決めてください。

.

http://webhome.idirect.com/~mpetgroom/page-1.html

こちらはご質問とは関係ありませんが、

心構えの解説として、これから飼い始める人にとても役立つと思います。

ご参考にどうぞ(^-^)

◎質問者からの返答

ありがとうございました。慎重に進めて

良き出会いになるように研究してみます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ