人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

株式会社設立時に必要な定款目的に記載させる内容以外のことを行うと、罰則などがあるのでしょうか。逆に、定款には記載させる事業内容を、実際には現時点では行っていない場合も知りたいです。例えば、定款にホームページ制作代行業務を盛り込み、別途新規に、オリジナルの検索サイトの制作・運営等を行う場合です。事業内容を広げていく予定がありますが、未確定なため当面は最小限の記載にとどめた方がいいのか迷っています。

●質問者: nogucyan
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ 経済・金融・保険
✍キーワード:オリジナル ホームページ制作 制作 株式会社 検索サイト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● take1103
●50ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

リンクはダミーです。定款記載事項と実際の事業が異なっていても罰則はありません。定款記載のない事業による収益が決算書上「売上」とならず「営業外収益」となるだけ(表示だけの問題)です。実施する可能性のある事業は全て記載することがいいと思います。通常はそうしています。費用も罰則もかかりませんから。

◎質問者からの返答

なるほど、そうだったんですね。

勉強になります。ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ