人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

歌を探してください。歌詞:『うまごやのなかで あ〜あ〜イェス様がお休みだ そばにいる 母親の気高いこと あ〜あ〜 神の子よ』最後にアーメンって入らないと思うので賛美歌ではないかもしれません。降誕劇の劇中歌でした。

●質問者: paffpaff
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:アーメン 休み 歌詞 母親 神の子
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● robota
●0ポイント

http://member.nifty.ne.jp/ryp/kurihon/kurihon16.htm

新聖歌の490ではないでしょうか?

http://www.kyobunkwan.co.jp/Publish/sinseikalist1.html

http://plaza20.mbn.or.jp/~ginzanokaze/Jesus/seika-itiran.htm

1、ここで取り上げる歌はカトリック教会で歌われるものではなくプロテスタント教会で歌われるものです。

2、またここでいう「聖歌」「賛美歌」などは歌集の固有名詞です。従って、「賛美歌第二編」、「新聖歌」「賛美歌21」など、題名の異なる歌集とは、それぞれ歌の番号も歌詞も一致しません。

3、「聖歌」や「賛美歌」は、プロテスタント教会のうち、日本基督教団(国内最大の教団)その他の、福音派といわれる教派で最も愛用されてきた歌集といってよく、そういう意味ではプロテスタント教会の代表的な賛美歌集といえると思います。また、「新聖歌」や「賛美歌21」は比較的新しい歌集ですが、すでにかなり普及し、特に「新聖歌」の登場で「聖歌」は現在では絶版となっています。

http://member.nifty.ne.jp/ryp/kurihon/kurihon15.htm

かなり重いので御注意。

この対応表によると、新聖歌の490にあたるものがないようなので、新しいものではないでしょうか。新聖歌は2001年にできたものだそうです。

新聖歌で検索したところ、全ての歌詞がのっているところがなかったので確証が得られませんでした。すみません。

◎質問者からの返答

タイトルから

新聖歌490うまごやの中で

ではないかとも思ったのですが

歌詞が見つからず確認できません

曲がおいてあるところで馬小屋(うまごや)がつくものをみたのですが違いました

馬小屋にねむるイエスの(聖歌132)


2 ● elixir
●50ポイント

http://www.hatena.ne.jp/

はてな

フランス・カロルの、「Entre le boeuf et l’ane gris」だと思います。

日本語訳はさまざまですが、題は「馬小屋の中に」になると思います。他にも「馬小屋の中に ああ ああ 神の御子 いねたもう天使らの 翼にておおわれつつ ああ ああ 聖きかな」や「うまごやの中に しずかに眠りたもう けがれなき 天使らは まぶねの主イエスをまもる」等色々なバージョンがあります。

◎質問者からの返答

お!

なにかそれッぽいですね

子ども向けにアレンジした歌詞なんでしょうかね

いくつか聞いてみたのですが

リズムとか展開はあってるんですが

メロディがかなり違う・・・

しかしこれで間違いないようです

ありがとうございました

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ