人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「ウミガメのスープ」というゲームの発祥を探しています。いったい誰が考案したものか、どういう経緯で一般に知られるようになったのかを調べています。景山民夫、斎藤孝、「世にも奇妙な物語」はチェック済みです(2chの過去ログだけは多すぎて手をつけられていません)。Paul Sloaneの洋書の中に、「The Deadly Dish〜アホウドリのスープ」という類似のクイズが収録されていると聞きましたが、それは「ハーバードの学生が考えた」「15分で解いた人に、FBIがスカウトに来た」といった尾ひれがつくものではないと思いました。このゲームの発祥について書かれたページのURLをご紹介ください。

●質問者: id=Imamura
●カテゴリ:趣味・スポーツ 生活
✍キーワード:2ch FBI URL アホウドリ ウミガメのスープ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● urushi
●0ポイント

http://2ch.net/

2ちゃんねる掲示板へようこそ

sdkfovbrb4o6i645on745l6le;rlglsdfwaverm

◎質問者からの返答

すみません、質問への回答をお願いいたします。


2 ● Marvy
●2ポイント

http://www.sapporotimes.co.jp/pick/0210.html

ウミガメのスープで思い出すのはアリスですなあ

◎質問者からの返答

なぜ「ウミガメ」のスープになったかという参考にはなりました。ありがとうございます。ご紹介いただいたURLには「前回この項で、死んだウミガメの肉をシチューにして食べた水族館員の話を書いた」とありますが、これは見つかりませんでした。

ともあれ、「ウミガメのスープ」のゲームを誰が作ったのか、そしてそれが知られるようになった経緯がかかれたページをご紹介ください。


3 ● rietti
●20ポイント

http://media.excite.co.jp/daily/thursday/030731/p03.html

Lateral thinking puzzleというパズルの問題は関係ありますか?

全然違ったらごめんなさい。

◎質問者からの返答

ごめんなさい!このページもチェック済みでした。そうです、「ウミガメのスープ」はLTPの1つなのです。

実はこの記事を書いた方にメールで質問をしたのですが、発祥のはっきりしたことはこの方にもわからないということでした。


4 ● estrela
●10ポイント

http://plaza22.mbn.or.jp/~y_yamada/book/umigame.htm

ここにはハーバード大学の学生が考案したと書いてありますが・・・。

私自身は、15年前京都の学生だったときに男友達から聞きました。同じマンションの友達同士で盛り上がっていました。

◎質問者からの返答

いただいたURLもチェック済みでした。ここは景山民夫の本を紹介するページの一部です。「ハーバードの学生が考えた」というのは景山民夫が自著(『どんな人生にも雨の日はある』)の中で書いているのですが、そのソースを知りたいのです。

景山民夫のこの記事の初出は、本の「初出一覧」によると87年9月発行の雑誌とあります。16年前というと、ちょうどestrelaさんが「ウミガメのスープ」をお知りになったころですね。estrelaさんのお友達は、この雑誌をご覧になったのかもしれませんね。


5 ● nokio
●8ポイント

http://jbbs.shitaraba.com/movie/1446/

ウミガメのスープ雑談掲示板

ここはどうでしょうか。参考になりますでしょうか。

◎質問者からの返答

ここは、2chの「ウミガメのスープ」スレッドから派生したサイトの掲示板ですね。ここもチェックしています。ありがとうございます。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ