人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「ポンペイ遺跡で、人の頭にシビレエイを置いたさまを描いた薬屋の看板が発見された。これは当時、シビレエイによって電気ショック治療を行っていたことを表すものだ」…という説の裏付け・補強となるような周辺情報を探しています。

●質問者: mochidakinzo
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:エイ シビレ ポンペイ 周辺情報 治療
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● bits-bits
●17ポイント

http://www.biotron-group.com/topics/topics.html

こちら、参考になりますでしょうか?

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

「文献上は、紀元46年にローマの医師 Scribonius Largusが、頭痛と痛風の治療にシビレエイを用いたというのが最初の記録です」

この記録・文献の詳細がもっと知りたいところですが…


2 ● masaomix
●17ポイント

http://216.239.57.104/search?q=cache:0fIXlFUcxVUJ:fes.med.tohoku...

ご紹介したのは東北大学大学院医学系研究科運動機能再建学分野

http://fes.med.tohoku.ac.jp/

のサイトからです。

なぜかページが読み出せないのでGoogleのキャッシュで失礼します。

こちらにも1の回答と全く同様の記述が見られますが、

ここはFESについて先駆的な成果を持つ所ですので、

補強材料として有益なソースとなるでしょう。

http://freespace.virgin.net/joseph.gadsby/page11.htm

こちらは英語のサイトですが、 Scribonius Largusの行ったFESについて

さらに詳しく述べられています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!


3 ● shigure_t
●18ポイント

http://www.ryojutsu.or.jp/Q&A.html

□■□ Q&A □■□

痛風の治療にシビレエイの発電力を用いたギリシャの医師エートスなどの記録も残っている。とあります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!


4 ● nupri
●18ポイント

http://www.forumromanum.org/literature/scribonius_largus/conposi...

Scribonius Largus: Conpositiones

Scriboniusの著作で現存するものはこれだけかと。この11にこうあります。原文ラテン語なので大意です。「慢性の耐え難い頭痛も生きたシビレエイを痛みがなくなるまで患部に当てることで、取り除くことができる。しびれを感じたら感覚がなくならぬように、すぐにエイを患部からはずすこと。さらに数匹の同種のエイを用意すること。なぜなら症状の改善の印であるしびれはニ、三回くり返した後に得られることもあるので。」また別の文献には「痛風の痛みが始まったら、生きたシビレエイを足の下に置くべきである。患者は波に洗われる海辺に膝より下がしびれるまで立っているように。こうすると当面の痛みをいやし、まだ起こらぬ痛みを防ぐ。このやり方でティベリウスの解放奴隷アンテロスは治癒した。」とあります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!ラテン語が読めるんですか…?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ