人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

格付け機関のその権威はいったいだれがどうやってきめているのでしょうか?(http://www.google.co.jp/search?q=cache:5ckXD_I-wG8J:www.mainichi.co.jp/eye/feature/article/digital/32/32_6.html+缺寂・・・・初圀&hl=ja&ie=UTF-8)とても不思議なのですが。おれは自己達成的予言じゃん!いわば自作自演じゃん!!と、思ってしまって、、困ったなあ何も神事欄ないよ

●質問者: nameforhatena
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:IE ja UTF-8 不思議 予言
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● herecy8
●10ポイント

http://www.standardandpoors.com/japan/forum/default.html

Standard and poors

アドレスは代表的格付け機関の一つS&P社のデフォルト関連分析です。2003年2月リリースの、2002年版分析が読めます。格付けの権威を誰かが決定するということではないのですが、格付けされた企業がその後どうなったかという統計データの蓄積が格付け機関の信頼性につながっています。面白いのは2ページめの表11でしょうか。投資適格債が1年の間に投機的格付けに格下げされた確率4.09%、デフォルトした確率0.5%はともに過去最高になっています。安全とされた債券が1年で危険になる確率が5%弱というのを高いとみるか低いとみるか‥‥

格付け機関各社の横一列比較でないのは申し訳ありません。

http://www.rptech.co.jp/report/crpback1.html

一応個別の分析とかはありますが有料コンテンツです。さしつかえないと思われる範囲で要約すれば、結局投資家にとって本当に必要なのは蓄積されたデフォルト確率データで、単なるランキングとして流用されやすい格付け記号は結局いらないんじゃないかというような議論がされてます。

http://nk-money.topica.ne.jp/fp/fp139.html

上記の例はマイカルですが、こういうことがあるとやはり格付け機関の信頼性はおちてしまいます。アメリカでもエンロンとかいろいろ問題企業が出ましたし。日本政府には強いムーディーズもFRBには弱いとか。ただそれでも、財務データから計算によって倒産確率計算するプログラムでは、格付け機関の判断を上回る実績を残してるものはまだないようです。格付けのないような企業を対象に銀行の融資審査関係で使われてるのとかあるようですけれど。

http://www.mki.co.jp/caster/carm03.html

あらかん、とか。


2 ● candle2002
●60ポイント

http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/p140430.htm

外国格付け機関宛意見書要旨

実は国が直接格付け機関に対して、その信頼性に対して疑問を呈しています。意見書を彼らに提出したのですが、一向に返事が来ないようです。彼らが応えられないこと自体に、その信憑性が高くないことが現れているようにも思えます。

ですが、市場というのは、材料になれば、確実な情報でなくても、多少割り引きながら織り込んでいきますから、「素人よりは当たるかもしれない天気予報」程度に格付け機関の情報を活用しているのだと思います。

◎質問者からの返答

なるほど、MOFから出ているんですね、、しかも答えがない? 黙殺というやつでしょうかポツダム宣言のように、、なるほどねえ。いい子と教わりました。どうもありがとう。

第二パラグラフ、おっしゃるように市場とは気弱な臆病者/目ざとい風見鶏であるからこそ、風説の流布といったものにも弱いのでしょうね。株式投資は美人コンテストだとかいったのはケインズでしたっけ。


3 ● JunK
●0ポイント

http://www.google.co.jp/search?q=cache:6Ga-Hav9bKkJ:www.isc.meij...

http://www1.odn.ne.jp/~cce10870/nyumon00425.htm

結果的に最後の一押しをしてしまった格付け機関もありますし、危機を見抜けなかった格付け機関もあります。投資家が投資対象に独自の評価をせずに、(一見もっともらしい)第三者の評価に頼っている以上、その第三者は権威が無くてはなりません。でなければ投資家は、自身や資金提供先への説明ができなくなります。

各種経営判断に基づく分析判断の論理的妥当性、結果の積み重ね、信頼性、安心感、これらが相まって権威を構成しているのだと思います。

◎質問者からの返答

なるほど。格付け機関のランキングと、ランキング算出根拠のページはないでしょうか。日経新聞がやる「強い会社」でしたっけね、あれは、よくわかりませんが六角チャート?をつかったり、そもそもデータが日経テレコンの膨大な奴を使っていると思いました。あれは眺めるのは好きです。

もしよければ、、お願い致します。2003-12-31 18:11JST


4 ● JunK
●0ポイント

http://www.jcr.co.jp/ratlist.htm

404File not found

日本格付研究所(JCR)

http://www.r-i.co.jp/jpn/rating/ra_list.html

格付投資情報センター(R&I)

http://www.moodys.co.jp/ssl/list/ratlist.asp

ムーディーズ・ジャパン

http://www.standardandpoors.com/japan/ratingsactions/list.html

Standard and poors

スタンダード&プアーズ(S&P)

http://www.standardpoor.com/japan/productsandservices/products/b...

日本の金融業界 2004 プロフィール(主要個別金融機関の格付けと分析)/定価1,800円

#横浜市立図書館(中央、神奈川) にはありますが、この時点で貸し出し中です。2002.2003年版はあります。

http://www.jpr-reit.co.jp/ir/news/img/pdf/031219jrr.pdf

日本プライムリアルティ投資法人の格付け根拠(S&P)

http://www.aflac.co.jp/home_aa.html

アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)公式ホームページ

アメリカン ファミリー 生命保険会社の格付け根拠(S&P)

http://www.cc.musashi.ac.jp/~kagraoka/finance2002/finance2002-01...

格付けを行う際のブロセスについて記述があります。

日本国債の格付け根拠に触れてます。

http://www.jcif.or.jp/topics2002c.htm

件の財団法人国際金融情報センターのレポートの案内です。

主要格付け会社の特徴と評価(2003年版)の入手について/1冊1,000円(消費税、送料込)

http://www.jcif.or.jp/topics9912b.htm

2000年版の要旨です。

http://www.iptp.go.jp/reserch/survey/finance/2003/03303-05.pdf

格付機関の比較があります。(総務省郵政研究所)

http://www.tugawa.com/kabu/kakuduke.html

国際金融センターの会員企業を中心に149社のアンケート結果による逆格付け

◎質問者からの返答

うわ、、んー、圧倒的なデータの奔流で正直、情報化社会の負の部分にブチあたった心持が致します。

そうだなあ、、こんなに膨大な情報、理解咀嚼判断できないので、Junk(275)さん御自身がどのようなデータや経験そのほかに基づき、どのような目的目標最終ゴールそのほかに向かって、どの機関を上から三つ並べますか?

…!

書いてきて気づきましたが、素で、

質問を終了する (80ポイント〜)

次の回答を閲覧するには、ポイントを購入してください

未読の回答があります

というわけでした。お暇致します暫くの間、、

あけまして、おめでとうございました。

旧年中は誠にお世話になりました。

できれば今年もお願い致します。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ