人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

60年代か70年代のSF小説で、劇中の主人公と神の対話でマトリックスのネオとアーキテクトそっくり(というほどでもなく、似てる程度かも)のものがあったはずなんですが心当たりがありましたら教えてください。

●質問者: macrophylla
●カテゴリ:趣味・スポーツ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:60年代 70年代 SF小説 アーキ ネオ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● rhetorician
●40ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/415010851X/hatena-q-22

Amazon.co.jp: チャンピオンたちの朝食 (ハヤカワ文庫SF): カート,Jr. ヴォネガット, カート・ヴォネガット・ジュニア, 浅倉 久志: 本

それはおそらくカート・ヴォネガットの『チャンピオンたちの朝食』です。上記アドレスはアマゾンのもの。

http://www.asahi-net.or.jp/~hi2h-ikd/literary/breakfast.htm

チャンピオンたちの朝食

このサイトはやや学術的な解説ですが、ご指摘の対話というのは作中に顔を出す作者ヴォネガット自身と彼の分身であるこの作品の主人公キルゴア・トラウトとの対話を指していると思います。

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/7961/breakfastofcha...

オーウェンウィルソン 出演映画 チャンピオンたちの朝食

ちなみに映画にもなっています。

◎質問者からの返答

思い出せました。どうもありがとう。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ