人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

昨日の新春古畑任三郎で「赤い洗面器を頭に載せた男のはなし」が出てきました。三谷作品ではいつもオチが語られませんでしたが、スペイン語で核心部分まで話していたようです(登場人物が笑っていたので)。なにを話していたのか教えてください。やっぱりオチまで語られなかったのでしょうか?参考:http://homepage3.nifty.com/belleequipe/akaisenmenki.htm

●質問者: smileless
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 生活
✍キーワード:スペイン語 三谷 古畑任三郎
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● nameforhatena
●0ポイント

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%E6%97%...

こんばんは。日本語を話していたと思います。URLは国語です。

◎質問者からの返答

こんばんは。

理解できません。


2 ● karabuki
●50ポイント

http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/tvd/1073141068/

ようこそボボンハウスへ

63の人がスペイン語わかるみたいです。

ですが、はっきりとしたオチは・・・。

◎質問者からの返答

なるほど、ありがとうございます。

もう少し時間をおけばスペイン語の部分の訳がでてくるとおもいます。

でもやっぱりなぞのままのような気がする。。。

2CHの中にあった

赤い洗面器→赤洗→明かせん

これ、結構面白かったです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ