人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

拾ったノートに人の名前を書いたらその人が死にました。何人か試したところ、どうやら顔を知っている人の名前を書くと死ぬみたいです。私は裁判で有罪(たとえば殺人罪)になるのでしょうか?

●質問者: Gim
●カテゴリ:政治・社会 趣味・スポーツ
✍キーワード:ノート 名前 殺人罪 裁判
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 34/34件

▽最新の回答へ

1 ● mady
●10ポイント

http://www.moj.go.jp/

法務省

質問は、有罪になる可能性があるかどうかということだと思いますが、それならあるといえると思います。

まずは検察側が、

(1)ノートに名前を書くとその人が死ぬということを知っている。

(2)ノートの所有者がそのノートの効果を知りながら人を殺そうと思って名前を書き込んだ、すなわち殺意があったことを知っている。

この2点ことが大前提ですよね。そうでなければ裁判は始まりませんから。その上で、裁判で有罪になりうるか。

検察はノートへの記述と死因の表面的な因果関係を完全に把握している。しかし、そのプロセスを科学的には説明できない。

その事実を受けて裁判官がどう判断するか。非常に微妙な問題で、裁判官により出す結論は異なると思います。

よく裁判ネタで引用される「呪いと死亡の裁判」よりもずっと再現性が高いので、例え科学的に完全に立証できない事柄でも、原因と結果、すなわちノートに書き込んだらその人が死ぬという単純な実証実験を踏まえたデータを提示すれば、その裁判官は有罪判決を下す可能性が十分にあります。


2 ● tears
●10ポイント

http://noroi.pekori.to/noroi/noroitoha.htm

呪い代行 呪いとは〜人を呪う 呪術に関する知識

URLはダミーです。

デスノートな話ですね。

呪いと同じようなかんじですが、呪いをかけて逮捕されたといった話はあまり聞きませんね。


3 ● k008
●10ポイント

http://yokohama.cool.ne.jp/shihoushosi/keihoukakuron.htm

刑法各論

殺す意図があれば殺人(罪)にはなるのだろうけれど、立証ができるかどうかですね...

ならないような気がするなぁ...断言できなくてすみません。。。


4 ● masaomix
●30ポイント

http://www.ishidalaw.gr.jp/ronsetu/gobindahannketuzenbun.html

URLはネパール国籍の人が逮捕されて当時新聞を賑わせた

「東電OL殺人事件」判決の第一審判決文です。

ご覧いただけば分かるように、殺人事件の裁判というものは

捜査の経緯を、死体発見の状況、死因、被害者の事件当時の様子、

証拠、被告人の身上、動機、その他様々な事項を綿密に検討し、

検察、弁護双方が意見を述べ、確実に事実と認定できる理論的な確証のもとに

判決が言い渡されます。

もしご質問者の行動と結果から確実な殺人行為が認められれば、

それは当然逮捕起訴の後、裁判で有罪となるでしょう。

また殺意が認められなければ殺人罪とはならず、

過失致死などに問われることも有り得ます。

いずれも、ノートに名前を書くことと死因の因果関係が立証されれば、です。

ちなみに「東電OL殺人事件」の一審は無罪が言い渡されています。


5 ● CHARIOTS
●30ポイント

http://nagatazemi.hp.infoseek.co.jp/kousei.html

構成要件総論

199条殺人罪の構成要件はURLのとおりなので有罪でしょう。

あとは罰することが可能かどうか、主人公未成年だし親は警察官...濃い話になりそうです。

久々に先の楽しみな連載です、数年ぶりにジャンプを買ってしまいました。

あくまでも憶測ですが「主人公もノートを紛失してしまい三つ巴の争いになると思われ...」


1-5件表示/34件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ