人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

平清盛の弟で歌人としても有名な薩摩守忠度という人がいますよね。この人は確か熊野出身で鹿児島へなんか行ったことがあるとも思えないのにどうして薩摩守なのでしょうか?それともこの薩摩は鹿児島とは関係のない別の薩摩なのでしょうか?この悩みが解決しないと安心してキセル乗車も出来ません・・・。

●質問者: onojima
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:キセル 平清盛 歌人 熊野 薩摩
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● auauauaupyon
●20ポイント

http://216.239.39.104/search?q=cache:HsIvF2FAfoMJ:www2.w-shokoka...

現在の鹿児島県の西部にあたる地域の長官をしていた人とありますので、普通にそのままの意味のようですね。

◎質問者からの返答

なるほど、やはり鹿児島の薩摩の長官だったんですね。

しかしまた、なんでそんな遠くの土地の長官に任命されたのでしょうか?


2 ● shuubi
●20ポイント

http://www2s.biglobe.ne.jp/~kuririn/nazo_26.htm

世の中謎だらけ

ここで言う薩摩とは出身を表すものではなくその役職を表すものですね

薩摩の守護の忠度ということですね

◎質問者からの返答

ううむ。

しかし、薩摩の守護なら薩摩にいなければ勤まらないと思うのですが、忠度が住んでいたのは都ですよね。そこが疑問なのですが・・・?


3 ● 織田聡史(おりた)
●20ポイント

http://tikugo.cool.ne.jp/osaka/busho/uesugi/b-naoe.html

直江山城守の紹介

例えばリンク先の上杉の家臣直江兼次が山城守のように、戦国時代や江戸時代には、完全に「守」という役職は名目だけの名誉職となっていました。

要するに序列のための名前みたいなものです。

その傾向はもうこの時期からあったということで説明になっているでしょうか?

「守」に限らず、例えば信長も関東になんか行ったこともないのに、「上総介」ですしね。

◎質問者からの返答

なるほど。

実際にその土地の守護をしていたわけではないんですね。

行ったこともない土地の長官だと言って当時の政治家はいばってたわけですな。


4 ● delunnehr
●20ポイント

http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/tadanori....

平忠度 千人万首

簡単な略歴がこちら。

http://www007.upp.so-net.ne.jp/togo/human/ta/tadanori.html

平 忠度

こちらが少し詳しいもの。伯耆守だったこともあるのがわかります。

どうも、形式的なもののようですが、当時は代理人を派遣することもできましたから(目代モクダイといいます)、問題はないようです。平氏は西日本が地盤でしたから。

◎質問者からの返答

なるほど。

平氏にとって九州は無縁の土地というわけでもないのですね。

そのわりには、都落ちして逃げ込んだときに九州勢にはあっさり裏切られてますけど・・・。


5 ● leningradcowboy
●20ポイント

http://www.kagoshimakenjinkai.ne.jp/motto/re/rekishitanpou3.htm

鹿児島の歴史シリーズ3

平家一門の平忠度(たいらのただのり)が薩摩守に任ぜられ、薩摩守忠度となりましたが、忠度は京に留まり、替わって薩摩での政治を実際に行う留守役に平盛俊が赴任したとあります。

◎質問者からの返答

おお、ちゃんと留守役を派遣して統治していたんですね。

これを見ると当時薩摩は重要な防衛拠点だったようですから、薩摩守はあながち名ばかりの名誉職ではなかったわけですな。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ