人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

大手ISPがアクセスポイントを廃止しています。ADSLに移行が進んでいるからという理由はわかりますが、アクセスポイントってどの位のコストがかかるのでしょうか、メンテナンスとか大変なんでしょうか?そもそもアクセスポイントってどんな機械なんでしょうか?(機械なんてない?)

●質問者: maildeli
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ
✍キーワード:ADSL ISP いるか アクセスポイント コスト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● kimchi0
●15ポイント

http://yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

最低で最初の投資で2000万円かかります。

後は保守と、人件費と、スペース代がかかります。

◎質問者からの返答

アクセスポイント1箇所で2000万円もかかるんですか?他の業者と相乗りなどしているんでしょうか?


2 ● n4d
●15ポイント

http://www.dtc.co.jp/Ascend

アクセスポイントの維持には、機器のコスト(リース費用、保守費用)のほかに、アクセスポイントを置くための場所(ほとんどのISPは、電話局内にラックを借りて、アクセスサーバを置きます。)の費用、受け側の電話回線の維持費用などがかかります。

アクセスポイントで使用されている機械(アクセスサーバともいいます)は、モデムがいっぱい入ってて、電話回線と繋がっているルータだと思えばいいです。

INS1500(24回線)を1本〜数本収容できて、ISPの認証サーバと通信して、接続してきたユーザの認証(RADIUS認証といいます)を行う機能を持っています。

ユーザは、このアクセスサーバを介してインターネットと繋がるわけです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。リモート管理とかしているんでしょうか。


3 ● tanytany
●15ポイント

http://www.rbbtoday.com/news/20040123/14908.html

各ISPがアクセスポイントを全国共通番号に統一。ブロードバンドサービスに大きく転換:RBB TODAY (ブロードバンド情報サイト) 2004/01/23

URLは直接の回答になっていませんが、

参考まで。

アクセスポイントはつまり、電話をかけて

インターネットにつなぐポイントなので

電話回線を想定するユーザ分引いている

ようなそれなりに大規模な設備になります。

当然、電話を効率よく受信したり

、それをインターネットと接続する

ネットワーク機器(当然ISPしか

使わない機器なので高いです)が

必要になります。

さらには、停電時に対応するための

自家発電装置など、建物や設備の維持費

(家賃 or 税金など)はたまた人件費も

かかるわけで、利用者が少なく

なってきている以上コストがかかり

すぎるということではないでしょうか。

数字の入った資料も探してみますね^^

http://www.sii.co.jp/js/nshp/price/price.html

このあたりの機器がISPが使っていそうです

◎質問者からの返答

テレホーダイがつかえなくなるのにはこんなコストがかかるものだったのですね。どおりで田舎にはアクセスポイントすらこなかったわけがわかりました。


4 ● n4d
●15ポイント

http://www.soumu.go.jp/s-news/2003/pdf/030219_1_01.pdf

大手ISPがアクセスポイントを統合したい理由は、何と言ってもネットワークコストの削減でしょう。

ADSL/FTTHなどでは、それぞれの回線業者が準備している網終端装置とISPが通信できるように専用線の敷設などを行えば通信できてしまいますが、各地のアクセスポイントを使用する場合はそのアクセスポイントごとに通信手段を用意することになります。(NTT東西の例をあげてみました・・)

さらに、各回線事業者の網終端装置は物理的に近接した場所にあるので、ISPにとってはそこだけに専用線を敷設すればよいので一層のメリットがあるのです。

最近流行している、ナビダイヤルへの移行も同様の理由です。ナビダイヤルを使えば、実質管理の必要なアクセスポイントが大幅に削減できますので、ナビダイヤル利用にかかる(ISP側の)通話料負担を考慮しても、ネットワークコストの削減ができるのでしょう。

◎質問者からの返答

えー、アクセスポイントごとに専用線を用意していたんですか。なるほど、コストがかかります。でも、せいぜいBchの64Kぐらい程度なので太さは必要なのかしら、それともQoSを確保するためにかなり太いのでしょうか。


5 ● mi-si
●15ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1075367217#

大手ISPがアクセスポイントを廃止しています。ADSLに移行が進んでいるからという理由はわかりますが、アクセスポイントってどの位のコストがかかるのでしょうか、メンテナ.. - 人力検索はてな

アクセスポイントとは、ダイアルアップアクセス時の接続拠点の事を差し(ADSLの用に必ずしもNTT局内にあるとは限りません)、そこにあるのは受け側の業務用のアナログもしくはISDNモデムです(両方の機能を持つものを使っている見たいですが。)当然PCのおまけで付いているようなモデムよりも高いです。それを業務用ルーターに接続します。アクセスポイントからプロバイダまでの専用回線も必要になります。

大体、回線数×電話の基本料金(ISDN1500だと24回線ぐらいとれますが28,000円/月ぐらい)+モデムの電気代+プロバイダからアクセスポイントまでの回線料+保守コスト+アクセスポイントの家賃で計算できると思います。

インターネット人口の増加によってアクセスポイントにつながらないと言う現象を解決するためにアクセスポイントを増やしてきた経緯があるので、回線があいている時間が減ってくればコスト削減の為に減らすのは当然でしょうね。

◎質問者からの返答

なるほど、あのころの23時を思い出します。すでにピークが過ぎただけという見方もありますね。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ