人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ペットボトルや缶入りで売られている、お茶や紅茶は、どうして変色しないのでしょうか。

●質問者: m-mayumi
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:お茶 ペットボトル 紅茶
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 13/13件

▽最新の回答へ

1 ● yukaya
●13ポイント

http://oolongtea.hp.infoseek.co.jp/seibunhyou.htm

凍頂烏龍茶に含まれる成分と効能の紹介

保存料入ってるからじゃないですかねー

◎質問者からの返答

うすうす、何か入っているとは感じていました。やっぱりそうですか・・・


2 ● もぐなお
●13ポイント

http://216.239.39.104/search?q=cache:i3mspfC4C-sJ:member.nifty.n...

酸化防止剤としてビタミンC(VCと書かれている場合もあります)が入っており、

ビタミンCが酸化されることによって容器内の酸素を消費し、お茶などの変色(酸化)を防いでいます。

◎質問者からの返答

ビタミンCですか。安心して飲めます。


3 ● luckyII
●13ポイント

http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/03/05/0525.html

知識の宝庫!目がテン!ライブラリー

こんなんでました。なるほど。

◎質問者からの返答

勉強になります。有難うございました。


4 ● satokichi
●13ポイント

http://www.elrosa.com/tisen/70/70197.html

ペットボトルのお茶の成分を見ると何故かどれも「ビタミンC」が含有されている。

もともとお茶にはビタミンCが含まれているのに、なんでワザワザ入れるのか?

実は、お茶と言うのは前述の話のように、昔から「冷めたお茶は飲むな」と言われるように、時間が経つと酸化して成分が変わり味が悪くなってしまうのです。

そこで、本来以上のビタミンCを混ぜる事により、お茶の成分より酸化しやすいビタミンCが先に酸化するために、お茶自体の成分変化を防いでくれるのです。

こういった事のようです。

◎質問者からの返答

疑問が解消しました。有難うございます。


5 ● haltake
●12ポイント

http://www.google.co.jp/search?q=cache:s_NYEDi_ahIJ:www.ky-rc.co...

ビタミンCのおかげだそうです。あと、酸素にも関係があります。ウーロン茶などが昔からあったのに対し緑茶の販売が始まったのが比較的最近なのはこの変色の問題があったためです。

◎質問者からの返答

安心して飲めそうです。有難うございました。


1-5件表示/13件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ