人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ゲーム業界に入りたい20代前半の友達の女の子がいます。本人はゲームの背景や人物を書く仕事がしたいそうです。そんな仕事をしたい彼女にとって必要なことはなんだろうと思います。ちなみにその彼女は美大卒業です。?どんなデッサン力を身につければいいか??どんなパソコンソフトを使えたらいいか?具体的にゲーム業界はどこの都道府県に多いか?といったことを教えてくれるひと募集しています。実際にゲーム製作に携わっている方を大募集です。厳しい業界だと思いますが、がんばりたいのだそうです。そんな彼女が就職できるいい知恵をお願いします。

●質問者: HAYA
●カテゴリ:就職・転職 コンピュータ
✍キーワード:20代 ゲーム ソフト デッサン パソコン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 17/17件

▽最新の回答へ

1 ● suikanonaraduke
●11ポイント

http://www.google.com/

Google

今まで読んだCG・ゲーム系雑誌では、

・Painter

・Photoshop

・Illustrator

↑を使っている人が多かったです。 これらの本格的な画像処理ソフトを使いこなせることが重要だと思います。

◎質問者からの返答

なるほど、ありがとうございます。上記のソフトは2D系ですね、3Dソフトを覚えないといけないということはあるんでしょうか?


2 ● Gyokuran
●11ポイント

http://key.visualarts.gr.jp/q_a.htm

404

?に係ると思われますが、大手のゲームメーカーのサイトには常にスタッフ募集なさっている様子のところも見うけられるようです。

自分は極々小規模なゲーム製作者の友人がおりますが、

作業といってもデザイン担当者以外のスタッフはほぼ流れ作業的なもので、

作業に使う主立つグラフィックソフトの類、(例えばPhotoshop)を使い慣れておく、

という程度のスキルを求められていたりするようです。

社内での立場を得るようになるまでは、

まずは作業速度と精巧さでしょうか。

◎質問者からの返答

すごく、よくわかるような気がします。作業速度と精巧さですね。なるほど、「デザイン担当者以外のスタッフはほぼ流れ作業的なもの」というのは、マンガで言うベタ塗りとかそういった作業のことなのでしょうか、一人で全部するにはデザイン担当の方がいいのでしょうか


3 ● bits-bits
●11ポイント

http://www.purplemoon.jp/game/

それでもゲーム業界に就職したいあなたへ…

こちら、参考になりますでしょうか?

http://www.gameiroiro.com/kousatu/3.htm

こちらも。

http://homepage3.nifty.com/zyugyuzu/contents/bbs1.html

こんな掲示板もあります。

◎質問者からの返答

ひとつ目は知っていました。ふたつめ、みっつめは知りませんでした。ありがとうございます。


4 ● ebian
●11ポイント

http://www.alias.co.jp/index.shtml

映画制作などにも使われているMayaです。

http://www.dstorm.co.jp/

株式会社ディストーム

これは私も使っているLightwaveです。

ゲーム制作にはデッサンはもちろんですが、3Dの勉強もしたほうがいいかもしれません。またかなり厳しい業界ですので、体力勝負ですよ。

Amazon.co.jp: ローポリモデリング―3DゲームのためのCG制作入門 (GAME DEVELOPER BOOKS): 海賊屋: 本

海賊屋さんが書かれた本です。最近購入しました。

少ないポリゴンでキャラクターを作るなどの方法ができます。まずは、企業に入社するには何ができるかなどの作品を見せなければいけません。自分がどこまでできるかなどの守備範囲をある程度つけてから望むといいと思いますよ。また、どちらにお住まいかわかりませんが、地方とか都会はあまり関係無いと思います。意外に地方ですごい仕事している企業などあります。

◎質問者からの返答

Mayaのソフトのナマエははじめて聴きました。こういうものがあるんですねえ。勉強になります。例えば近畿地区だったらどこらへんに集まっているんですか?江坂、本町あたりですかねえ。


5 ● くいっぱ
●12ポイント

http://hrj.square-enix.co.jp/section/development/designer/motion...

ゲーム会社に限った話ではありませんが、創作に携わる仕事というのは一人の人間の独力で完結するものではありません。そのためチームとして一緒に働きたいと相手の人たちが思う人間というのは、その人が作品を完成させた事がある人間になります。デッサンなどの技術的なレベルがうんぬんではなく、その人が何を表現したいのか?また、その人が自分の表現したいものを人に伝える手段を持っていることができるか?ということに尽きると思います。

そのためには、自分を宣伝することができる宣伝材料(宣材)となる人に「これが自分のつくった作品です」と言えるようなものを準備することが必要不可欠だと思われます。

自分の作品を用意できないような人には、組織の一員になってみんなと一緒に何かをつくるのは難しい事だからです。だから必ず、採用までの段階で今までにつくった作品を見せることになります。だからいい仕事をしたければ、何かを完成させてみよう。ってアドバイスになるのではないでしょうか?

◎質問者からの返答

なるほど〜いいコメントとHPアドレスをありがとうございます。


1-5件表示/17件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ