人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

マンションなど気密性の高い部屋で、閉め切ったまま換気扇を回しているとドアが開かなくなる現象が発生します。
外の気圧に比べて、中の気圧が低くなるのが原因なのですが、これくらい気圧が下がると開かなくなるという具体的な数値が知りたいです。
相対的なものなので、外に比べて○気圧という数値でお願いします。

●質問者: chizurun
●カテゴリ:科学・統計資料 生活
✍キーワード:マンション
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● yumiyoshi_san
●20ポイント

http://www.jsf.or.jp/club/study/shimizu.html

「腕力<ドア内外の気圧差」だとドアが開かないわけです。

「1気圧=1cm四方あたり1kgの力」ですので…、

(ここまでは正しいです。ここからは暗算ですので検算してください。)

仮に腕力がMax40kg、ドアが20000平方cm(100cm×200cm)だとすると、1/500気圧(0.002気圧)気圧差があると、ドアは開かなくなります。

計算間違ってたらすみません。


2 ● nikuzure
●20ポイント

http://www.google.com/search?num=50&hl=ja&ie=Shift_JIS&c2coff=1&...

URLは検索の例です。

単純な気圧の差の問題だけではありません。

気圧の差がどれだけあるのか、開こうとしている扉の面積、開こうとしている人物の腕力(何kgの負荷まで開くことが可能か)によって変わります。

ざっくりと例を挙げると、2m×1mの扉の面積は2平方メートル、つまり200平方センチメートルです。

その時、5気圧の差が生じたと仮定すると、扉の重さは「5×200=1000」となり、全体として約1tの負荷がかかる計算になります。

この事から考えて、気圧差が1〜2も生じれば100kgの負荷がかかりますから、ちょっとやそっとじゃ開かないかと思います。

ただし、空気の経路が換気扇しか無く、また換気扇の空気の流れも完全に一方向であった場合の仮定ですが。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

そうですね。仮定は書いていただいたとおりで考えてました。

やっぱり計算で出すんですね。


3 ● hemo_lab
●20ポイント

http://bb.yahoo.co.jp/

Yahoo! BB入会案内トップ - Yahoo! BB

URLはダミーです。

気圧差がある時、ドアを開けるのに必要な力は、

(ドアの面積×圧力差)

だけ大きくなります。

普段ドアを開けるのにほとんど力をいれていない事を考えると、

気圧差がある時に掛けないといけない力は

ほぼ上の式の値に等しいと考えられます。

当然人によって力は違うのですが、

例えばドアに100kg重の力を掛けられる人がいるとして、

ドアの面積を2×0.6平方メートルとすると、

圧力差は、上の式を変形して、

圧力差=力÷面積=100×9.8÷(2×0.6)=816.66…

この数値の単位はPaで、一般的に使われる

hPaの百分の一なので、だいたい8.2hPaくらいの

圧力差があるとドアが開かない事になると思います。

実際は100kgの力を掛けるのは難しいと思いますので、

もっと小さい圧力差でもドアが開きにくいと感じる事になると思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

皆さん計算速いですねー。

これからじっくり計算に取り組みたいと思います。

皆さんありがとうございました。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ