人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

人生には大きな転機が3回あるとよく聞きますが、皆さんは今までに何回転機があってどんな転機か、その度にどのように生活や価値観が変わっていきましたか?さしつかえなければ、皆さんの転機と関連するページと一緒に教えてください。

●質問者: rietti
●カテゴリ:生活
✍キーワード:人生 価値観
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 15/15件

▽最新の回答へ

1 ● ryohu
●25ポイント

http://www.ikeuchi.com/rikon

私は、両親の離婚が1回目の転機でした。まだ学生だった私は、自分でアルバイトで学費を稼いで卒業しました。第2の転機は、両親が残した借金でした。卒業したばかりの私にとっては当時としては、大きな額で、どうしようか途方にくれていましたが、昼も夜も休み無く働き少しづつ返済しました。第3の転機は、かけもちしていたバイト先での出会いでした。よく会う取引先の人に、私の働き振ぶりを認めてもらい、引き抜きいてもらいました。今では年の割りには、いい待遇で役職も頂き、仕事は毎日忙しいですが、それまでの人生に比べれば全く苦ではありません。苦労したからこそ今があると思っています。

◎質問者からの返答

貴重なお話、ありがとうございます。


2 ● marumi
●25ポイント

http://dir.yahoo.co.jp/Business_and_Economy/Shopping_and_Service...

結婚関連サービス - Yahoo!カテゴリ

やはり結婚と出産でしょうか?私の場合、まだ2回しか転機がありません。

ただ人生がこの2つの出会いで大きく変わりました。結婚によって生活が安定して人生を共に出来る人が見つかり、子供が出来て家族が出来てかなり独身のときより幸せです。独身のころはお金もそこそこあり自由がありそれで良かったのですが今はお金こそありませんが充実した毎日です。あと1回の転機が訪れることを夢見ています。

解答がずれていたらごめんなさいね!

◎質問者からの返答

いいえ、全然ずれていません。もともと個人的な質問なのでいろんな回答があると思っています。

貴重なお話をありがとうございます。


3 ● popopo_2004
●25ポイント

http://www.hatena.ne.jp/

はてな

私は父が死んだときです。

子供のころから父とはあまり仲が良くなかったのですが、私が結婚してから仲良くなりました。子供が結婚したりすると親は子供に対しての見方が変わるのと、親自身が年をとったことを実感したりするのが原因だと思います。そして結果的に子供側からも親との接し方が変わってきました。これも大きな転機かもしれませんね。

数年後、父が急に入院することになりました。親は離婚していて子供は私一人。私は子連れのバツイチの女性と結婚していたのですが、そのときに母親は仕事で海外に行っていました。

結果的に仕事も辞めざる終えなくなりました。元々、海外に行くこと自身は賛成できなかったですし、父もかなり文句が言いたかったようですが、直接は言えなかったのです。正確だと思います。ただ、愚痴も多くなり、また親戚等にもいろいろ言われたりしてストレスも多かったと思います。結果的に父は胃がんで亡くなったのですが、これらのストレスも病気になる大きな原因だったと思いますし、この件で妻は許せない気もするのですが、この件で私は色々な事への意欲がなくなってしまいました。

今現在、新しい仕事を見つけてがんばっていくしかないと思いますが、なかなか大変なのが現状ですね。

少し内容が違っているかもしれません。変な話で申し訳ありません。

◎質問者からの返答

貴重なお話ありがとうございます。

こちらこそプライベートな質問をしてしまってすみません。


4 ● aburaza
●25ポイント

http://www.byakuya-shobo.co.jp/kozo/

野球小僧公式HP

高校まで野球部。地方大会はベスト8止まり、甲子園目指して野球漬けの毎日でした。早稲田に入って神宮の杜で活躍!と夢見ていましたが肩を壊して断念。暫くは燃焼し尽くしたような生活。

http://www.itojuku.co.jp/index.html

伊藤塾 - 法律の資格・公務員試験の受験指導校

なにを思ったのか弁護士を目指す。睡眠以外はほとんど勉強、しかし予定通り合格せず諦める。受かった人と諦めた人の人生は180度違いますね。

http://www.securitynet.jp/skinyuu/yamikin.htm

ヤミ金融

誘われて知り合いの会社に転職しました!ところがヤミ金融が毎日来るようになり半年で倒産。誘われてホイホイと行ったのが間違いだった。う〜ん。転機といえば挫折ばかりです。しかしまだ懲りずに夢見ています。

◎質問者からの返答

貴重なお話ありがとうございます。


5 ● kayokenichi
●25ポイント

http://www.geocities.jp/kayokennichi/

kayokennichiのホームページです。

転職を30回もしまして、現在59才。28才までは野心が強かったですね。交通事故の調査をしたころから人間が変わりました。運命と、言うことに気がついたからです。明確な転機の最初は32才の頃。某社にスカウトみたいなことで入社し損害調査課長。自動車保険の人身事故の調査・示談を専門に行いました。ここは運命の塊でしたね。加害者・被害者の存在。死亡事故の遺族との金銭での示談交渉。1級の後遺障害、寝たきり。

どうして、世の中は加害者と被害者に分かれるんだろうと真剣に考えました。保険会社としての支払いの制約もありまして、相手に同情するなと自分に言い聞かせた時期です。この会社、クビ同然に退職。私は、役員に迎合するタイプではなかったからです。しかし、突然、言われてショックでしたね。会社に貢献していたとの自負・自信がありましたから。でも、今考えるとよかったと思ってます。こんな仕事を続けていると、ろくな死に方をしないな・・そう、何度も思いましたから。金と命。この二つを同時に扱うのは厳しい。凡人の私には。

それから、今は人事調査員として活動してます。ずうっとサラリーマンですね。来年は定年。

転機の時期だと思いますが、もう、人生の転機の回数は忘れました。

以前から小説を書いてます。Web上で300円で販売する企画ですが、今は途中の前の段階の入り口付近(??)。

これが立ち上がると、人生の大転機になるんですが・・・。

どんな転機も、良いエネルギーにしたいものです。誤字脱字がありましたら申し訳ありません。

◎質問者からの返答

貴重なお話ありがとうございます。


1-5件表示/15件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ