人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

自動車事故を起してしまいました。修理金額が200万円を超えてしまう程の損害なので、安全面を考慮してみると、これを修理せずに他に相応の自動車を用意すべきかと考えています。この場合、損害保険会社からの保障はどのように適用されるのでしょうか?//同様に、修理せずに保険金を受け取った事例や約款などが具体的に掲載されたサイトを教えて下さい。

●質問者: c3pjp
●カテゴリ:経済・金融・保険 趣味・スポーツ 生活
✍キーワード:サイト 会社 保険金 損害保険 考慮
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● haltake
●18ポイント

http://www.enshu-net.or.jp/kurokawa/p4jirei.htm

自動車の損害額は時価、若しくは修理費用のどちらか低いほうが採用されます。実際に修理するかどうかは、被害者の意思によりますので、修理費(又は時価)を受け取った上で、新車や中古車を購入されることは全く問題ありません。

http://www.bang.co.jp/select/lec-4/4-2-3.html

なお、修理をする場合で代車費用などを請求する場合は、実際に代車を使用した場合で通常10:0の事故に限定して支払われています。蛇足ですが、このような場合を想定して自身の保険につけておく特約が最近増えています。

http://www.jaai.com/hyoukazon/

評価損(事故落ち)

他にも評価損というものがあります。これは自動車を修理したとしても、現実には価値が下がっていると考えられるからです。しかし、保険会社の実務上は支払われることはまずありません。裁判をした場合でも、売却の予定があった等、評価損の実在性を証明又は疎明する必要があります。

◎質問者からの返答

早速ありがとうございます。

突然降って湧いたようなことだったので、こんなところで勉強不足が祟っています。

ざっと読んでみても、まだ理解出来ていません。(+。+)

が、詳細に渡って調査したいと思います。

ありがとうございました。

他の事例もお待ちしております。よろしく御願い申し上げます。


2 ● MAO
●18ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

保険会社関連のサイトがあまりにも多く、有益なサイトを探すことができませんでした。

ごめんなさい。

保険会社によっても違ってくるのかもしれませんが、自分の経験から。

私の入っていた保険では、その車の修理にかかる金額、言い替えると工場の見積もりに応じた金額を、修理する、しないに関わらず受け取ることができました。

実際、修理しないで廃車にし、別の車を買い直したことがあります。

ただし、その車の資産価値以上の保険はおりません。

車の価値は、新車で買うと同時にどんどんと落ちてくるはずです。

私は中古車に乗っていましたので、車の価値(=修理金としてもらえる最大の金額)よりも実際に修理にかかるお金の方が高かったので、買い直した次第です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

家族会議をしている段階なのですが(苦笑)、まず争点は『提示されている修理金額はあくまで修理金額であり、現金化することは出来ないのか』ということだったので、

工場で出して頂いた修理見積もり金額に相当する額を現金かして受け取ることが出来た方のお話を伺っただけでも、

大変有り難いことです。

ありがとうございました!


3 ● haltake
●13ポイント

https://www.hou-nattoku.com/asp/index.html

[法律相談] 法、納得!どっとこむ

法律相談サイト(会員制 6ヵ月 5,250円、1年間 9,450円)

月3件の質問が利用でき、1件につき2回まで回答をもらえます。訪問販売や医療トラブルなど、その他の質問もOKです。

http://home.att.ne.jp/kiwi/JHSC/ryoukin-ippan-senyou-01.htm

本格的な交通事故相談なら。

(物損事故 35,000円)

http://www.houmu.jp/

行政書士武田法務事務所【大阪・天王寺】

簡単な相談なら。(1件 1200円/2回程度の回答)

◎質問者からの返答

裁判が発生した場合は御世話になるかもしれません。

ありがとうございました。


4 ● MARYGUN
●22ポイント

http://www.sompo-japan.co.jp/ksos/ksos006.html

損害保険の専門資格を保有しております。

まず、相手との過失割合と、ご自分で車両保険に入っているかどうかによって変わってきます。

■ご自分が車両保険に入っていない場合

?修理見積もり金額のうち相手の過失分に相当する額が相手の保険会社の対物保険から支払われます。

この際、相手の保険会社のアジャスターという査定する人間が修理見積もりが妥当な金額かを

調べますので、この時点で工場が出した見積もり金額よりも低い金額を提示される恐れがあります。

■ご自分が車両保険に入っている場合

修理見積もり金額のうち相手の過失分に

?修理見積もり金額のうち相手の過失分に相当する額が相手の保険会社の対物保険から支払われます。

?相手の対物から支払われた金額のうち、ご自分の掛けていた車両保険金額に満たない部分が

ご自分の保険会社の車両保険から支払われます。

修理金額が200万円を超える場合でも、車両保険に掛けていた保険金額が、もらえる金額のMAXと

いうことになります。

保険金の受け取り方法ですが、これはご自分で修理工場の口座なり、ご自分の口座なり好きな口座を

指定することが出来ますので、貰った保険金に関しては、どう使おうが保険会社は関与しません。

★修理は工場や、ディーラーなどによって全然価格が違ってきいますので、うまく多くのお金を貰って

そのお金で買い替えを考えるのでしたら、見積もりが高いところの方がいいですね。

ただ、車両保険金額を超えてしまっているようでしたら関係ない話になりますが・・・

★入っている保険会社によっては、車両諸費用保険金というものがセットされているものもありますので

せっかくでしたら請求された方がよろしいかと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

全くの自損事故で(事故者は私ではないのですが)、対人もありません。

電柱をぶつけてしまったので、その損害だけは発生しましたが、弁償金額はそれほど高くはありませんでした。

いろいろと有用なアドバイスをありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ