人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

家の前の大きな保養所が業者の手に渡り、46件の宅地として造成されることになりました。樹齢100年、200年以上の大木も何本もあり、そこにはリスや鳥も住んでいるのですが、当然、そんな事はおかまいなしに、切られることになります。住民と業者の話し合いももたれますが、住民の意見をきいて建てられるという看板を立てるためだけに、集められている気がしてなりません。神奈川の葉山ですが、環境問題のシンポジウムなんかを計画している一方でつぎつぎに山を切り開いて木を切り倒してマンションや宅地にしているのを黙認しています。ただ、なりゆきを見守ることしかできないのでしょうか?何か抵抗できる有効な手立てはないものでしょうか?いまさら、反対運動で宅地造成をやめさせることはできませんが、樹齢200年以上の大木の保全など専門的なお知恵をおかしください。

●質問者: kokoura
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:いもの おかま なりゆき シンポジウム マンション
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● あしか祭り実行委員長
●12ポイント

http://www.town.hayama.kanagawa.jp/j/

葉山町役場

http://www.town.hayama.kanagawa.jp/j/plan/machizukuri_1.html

葉山町まちづくり条例

http://www.town.hayama.kanagawa.jp/j/plan/machizukuri_5.html#dai...

第4章 良好な都市環境を形成するための手続等

第5章 開発事業に係る紛争の調整

手がかりになりませんか?

◎質問者からの返答

どうもありがとうございます。これをいかし、形にしていくまでが大変ですが、長老組とも話し、なんとかしていきたいです。とにかく町は人手に渡るときも動いてはくれなかったようなのですが。どうしたら、人を動かし、かえていけるんでしょうか。小さい双子を抱えた一主婦にも何かできないかと奮起しているのですが。


2 ● zeronine
●12ポイント

http://hatena.ne.jp/

はてな

自分が住むための造成は良くて、目の前の造成は反対なんですか?

樹齢何百年だから保護すべきと言うのは人のエゴです。(造成のために切るのもエゴですが)

意志を貫きたいのでしたら、賛同者を集めて保養所を買い取られるのがベストでしょう。

◎質問者からの返答

そうです。それでは、あなたの土地はどうなの?ということですよね。それは、何度も考えました。資本主義社会なのですから、お金がある人が買い取って、そこに何を建てようが、反対されるすじあいはないというお考えでしょうが、いつも見てきた森や山だからこそ、何とかならないかと思うわけです。樹齢何百年の木を保護したいと言う事がエゴとは思いません。これだけ、環境のことが叫ばれているいる今、どうせ、おまえらも宅地造成されているところに住んでいるんだから、いまさら同じ事といっていたら、破壊がすすむだけじゃないですか。造成をいまさらやめさせようという考えではなく、少なからず木や緑を残す手立てはないものかと言っているんです。造成されるにしても、地球人のひとりとして(大げさですが)緑を残す事に微力でも具体的に行動したいと思っているんです。賛同者を集めて買い取る・・・一番ベストですね。たしかに。文京区の桜並木が切られたニュースはご存知でしょうか?あの映像を見ても、あれに反対していた住民の事もエゴと思われましたか?


3 ● shinot
●12ポイント

http://www.greenpeace.or.jp/campaign/forests/japan/

日本 〜世界有数の木材輸入大国〜国内山林・森林訪問報告::Greenpeace Japan

環境問題と言うとグリーンピースを思い出しますね。

ただ、海外ではちょっと過激な環境運動もしているようなので気をつけたほうが良いかも知れません。

彼らが手法を持っているわけでは無いでしょうが保全の方法論は期待できると思います。

◎質問者からの返答

なるほど・・・とても勉強にになります。ありがとうございました。


4 ● inagaki_hisato
●12ポイント

http://www.ntrust.or.jp/

社団法人日本ナショナル・トラスト協会

その手のことは、とりあえずナショナル・トラスト系のNPOに相談してみれば、各地の事例とか教えてもらえるのでは?

http://homepage1.nifty.com/kito/lawminpou1.htm

弁護士紀藤正樹のLINC/民法財産編

その一方で、保養所を売却した会社にも社員が居て、その家族が居て、会社が倒産したらその人たちが路頭に迷うかもしれないわけで、そのあたりの事情を考慮すると、正直な話難しいと思います。

それらの樹木によほどの歴史的または文化的かつ地域的市民的な価値が認められなければ、その行為は民法で保障されたものなので、差し止めすることはできないでしょう。

逆に、あなたが庭木の手入れの為に樹木を伐採されることを反対されたら・・・すんで居る家が文化的歴史的価値があるから修繕を認められないとか・・・自らがその立場におかれると見方が変るかもしれませんよ。

http://www.green.or.jp/

国土緑化推進機構

実際のこと、緑地保全にしてみても、確かに樹齢が100年近い状態になるまで育てるのは大変なのですが、それらを管理して行くことも大切なファクターで、単純に伐採を免れたとしても、枯れないように維持しなければ意味が無いでしょう。ご相談の段階ではあまり明るい希望は持てません。

今後宅地分譲開発を行う業者に相談して、「葉山町のブランドイメージを維持する」とか何とか行って、緑の中の住宅地設計を働きかける形で樹木を残すことが当面の現実的な手段ではないかと思います。

◎質問者からの返答

大変参考になりました。ナショナルトラスト協会のは相談してみる価値はありますよね。とても勉強になりました。そこの場所には山王塚という塚がありまして、江戸時代からのものらしいのですが、祠だけ、移動するという形がすでにとられ、場所も決まっており、現在は神社に保管されている状態です。住民としても歴史的、教育的価値を訴えて、町に対して陳情書を提出しているのです。業者もたしかにボランティアではありませんからね。買い取った以上、ビジネスとして、いかに儲かるかを考えて当たり前なのですが。買い取る前に、もっと、何かできなかったか、反省しています。貴重なご意見、どうもありがとうございました。


5 ● shinot
●12ポイント

http://www.fukiage-c.co.jp/business2.htm

株式会社吹上技研コンサルタント〜コンサルタント業務詳細〜

続けてで、スミマセン。

あまりにも漫画チックな案で恐縮ですが・・・。

造成の中止は不可能でしょうし、保全にもとてもお金がかかると思います。

逆に現在ある木々の一部を景観として残す案を建設コンサルティング会社に企画してもらうというのはどうでしょう?

コンサルへの委託費用の一部をあなたとその賛同者で負担する様な計画を業者と交渉してみては?

そう上手くはいかないかも知れませんが・・・。

◎質問者からの返答

どうもありがとうございます。いろいろお詳しいんですね!

とにかく具合的に動いてみたいので、こちらも参考にさせていただきます。


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ