人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

投げ銭のことで質問します。まず、私の日記をみてください。http://d.hatena.ne.jp/kayokenichi/20040312
昨日と今朝、二回に分けて質問しましたが、反応はありませんでした。
投げ銭の応用と考えましたが、この考え、システムの是非について、ご意見・ご批判・解答をしてください。

●質問者: kayokenichi
●カテゴリ:コンピュータ 趣味・スポーツ
✍キーワード:システム 意見 投げ銭
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● あるぴにっくす
●40ポイント

http://www.hyuki.com/writing/techask.html

技術系メーリングリストで質問するときのパターン・ランゲージ

kayokenichiさんの質問は眼に留まっていました。その上で「なんだかなあ」と思ってスルーしていました。ブログやこの人力検索はてなのようなシステムはまだ歴史が浅く、一般的なユーザールールというものがまだ決まって(定着して)いないので私の意見が正しい、とは言えませんが、はてなで質問をする、というのとお金を払ってゼロから教えてもらうというのは全然別物だと考えてます。思うにはてなのシステムは技術系のメーリングリストがオープンになっている状態、に近い(と皆さんが認識している)のではないでしょうか? ポイントを消費するんだから対価は払うということじゃないか、という論理もあるでしょうが、一回多くても数百円で情報を得られるのは有志の善意に拠るところが大きいです。これを「対価」と呼ぶのは回答をされる方にはあまりにも失礼じゃないかと。丁度昨日、ファイルメーカというソフトの技術系MLにkayokenichiさんと同じようなメールを投稿してきた方がいらっしゃいました。内容は「期限のある仕事を任されたが、行き詰った。ついてはお金を払うので直接メールなどで細かく教授して欲しい」というものでした。もちろん返事もつかず、放っておかれてます。

はてなでは、投げ銭とかポイントとか一応お金の動きはありますが、「仕事」としての対価とみなしている方が少ないと思います(違うと思ってる人もいるでしょうが)。有志による互助会という表現の方が近いと思います。はてなは質問の範囲が特定されていないので早くガイドラインをつくらないと、そういう際限のない質問をどんどん抱え込んでしまって逆に廃れていくのではないかと危惧しています。

ということで、kayokenichiさんの求める情報(情報ではなくスキルを持った人と言った方がいいかな)は少なくともはてなで求めるものではなく、別の場所で求めるべき内容ではないでしょうか? それが分かんないから質問してるんだ! というのならそういう技術を提供してくれそうな企業やサービスがないでしょうか? と質問すれば、こっちなら十分に回答がつくと思うのですが?

別にこれについてポイントを貰おうとは思わないので(はてなにとってはいい議題だと思います)、回答オープン用のポイントは乗っけときます。

◎質問者からの返答

ご意見、ありがとうございます。ポイントの増額は視野に入っております。また、今回は記載しておりませんが、完成時のインセンティブでは3000ポイント以上とか、いろいろと視野に入っておりました。日記に関しては、有料ソフトを使用しております。「はてな」の好感のもてる日記の技術を売っていただける方は、おりませんか?。これが、今回の趣旨です。回答者さんの「善意に対して失礼」という見解と、私の「無料で聞くのが失礼」という考え方の違いと、ようやく分かりました。こちらは善意のサイトとは全く知りませんでしたが、私はポイントをクレジツトで購入しましたのでドライに考えていたようですね。長文のご意見、ありがとうございました。質問を終了します。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ