人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近、酸素が流行っていますが、酸素の人体影響について生理学的にしっかりと纏めているホームページ、文献、研究者等を知りませんか?
松下のホームページは見ました。特に、21%〜30%までの間で、+の効果とーの効果。

●質問者: HZX02712
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:ホームページ 松下 流行 生理学 研究者
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● wm5775
●14ポイント

http://www.kokuseido.co.jp/kokuseido%20files/JA33.html

どちらかといえば、高濃度の酸素の吸引に否定的な考えを私は持っています。

上記ページに

「高酸素症による細胞内活性酸素の発生増加と抗酸化酵素による抑制」

という論文のタイトルが表示されていますが、陰イオンも含めて活性酸素の発生を促進させることと、高濃度の酸素を吸引することは血中の二酸化炭素を飛ばしてしまい、結果的に過呼吸を起こすのと同じことになると思っています。

#ですから、過呼吸にならない酸素の吸引というのはそれほど過激な影響を人体に及ぼさないということでしょう。

◎質問者からの返答

新しい切り口がわかりました。

有難うございます。


2 ● Idea-Marathon
●14ポイント

http://www.fda.gov/fdac/features/2002/602_air.html

英文ですが、危険性を訴えています。

◎質問者からの返答

やはり、危険性もあるのですね。

有難うございます。


3 ● aki73ix
●14ポイント

http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/arukenSP/kenkouSP5.htm

ここには記述されていませんが、呼吸時に入る酸素の約2%が活性酸素になります

酸素を大量に摂取すればそれだけ活性酸素を発生させる原因となり、体を傷つけることになります。よって、これらの機器を使う場合は大量のスカベンジャーを含む食品を摂取する必要があります

・・・まぁ、こういうことがかいてると製品が売れませんからね(^_^;

ただ、むかしから高濃度の酸素は体によくない影響があるというのは昔から分かっていたことなので注意して下さい

◎質問者からの返答

健康な人にわざわざ酸素を供給する必要性は無いですよね。


4 ● kanetetu
●13ポイント

http://www.asahi-net.or.jp/~ui9k-ikd/D03_3.htm

日記

こちらどうぞ。

◎質問者からの返答

非常に良くわかりました。

有難うございました。


5 ● wm5775
●13ポイント

http://watch.citizen.co.jp/cs/guide/d710/yougo-dive.htm

2度目の回答になりますので、ポイントは結構です。

通常、ダイビングでは酸素ボンベを背負って潜るのではなく、通常の空気を圧縮したものをボンベにつめて潜ります。

もし、本当に酸素が体に良いのであれば、当然のことながら、酸素の比率を高めたほうが良いと思いませんか?

ということで、最近はダイビングの世界でも通常の空気とは酸素の比率を変えた(高めた)ボンベで潜る方法があるのだそうです。

酸素濃度にはいろいろあるものの、酸素中毒などの危険性についても上記ページで触れられています。

◎質問者からの返答

有難うございます。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ