人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

なぜ日本の電化製品の仕様は100Vなの?
誰が決めたのでしょう

●質問者: aquapianis
●カテゴリ:科学・統計資料 生活
✍キーワード:仕様 製品
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/4件

▽最新の回答へ

1 ● no-name
●20ポイント

http://home.c06.itscom.net/fjt/island/q651-660.html

電圧に関しては、1914年から策定が始まったようですが、当時、日本で使われていた電球の97%が100V用だったのが大きな要因です。

電圧を110Vにしてしまうと寿命が半分になってしまう事から、電力用は200V、電灯用が100Vと決定された経緯があります。

(他にも要因がありそうですが、当時、電球が高かったんでしょうね。)

あと、それぞれが策定された時期の実状や政治も絡むようですね。

インフラって、将来的な事を見越して作らなきゃ行けないので大変です。

との事です。


2 ● bogy4
●20ポイント

http://www.fepc.or.jp/history/meiji.html

加えて、次のURLはいかがでしょう?

http://www.fepc.or.jp/history/meiji.html

http://www.chiba-muse.or.jp/SCIENCE/doc/history/gendai_db_main_4...

千葉県立現代産業科学館・現代産業の歴史

それと、この記事中の

エジソン中央発電所送電地図の話

http://www.chiba-muse.or.jp/SCIENCE/doc/history/gendai_db_main_4...

千葉県立現代産業科学館・現代産業の歴史


3 ● toshiroh
●20ポイント

http://www.energia.co.jp/energiaj/musium/research/plug.html

日本では各家庭に供給される電力は電圧:AC100V、周波数:50Hzまたは60Hzとなっています。

東日本では50Hz、西日本では60Hzと分かれているのは明治時代に最初に導入された発電機がどこの国の物かによって分かれたらしいです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ