人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「はてな」と同じような人力検索サイトを教えてください。1)かならずそのサイト入り口のURLをURL窓に張り付けること。2)そのサイトがはてなより優れているところ。3)はてながそのサイトよりすぐれているところ。の3点がそろって無い場合はポイントを振り分けません。企業や組合のFAQはふくみません。あくまでも参加者が質問者であり、回答者であるサイトでお願いします。

●質問者: reply
●カテゴリ:コンピュータ 学習・教育
✍キーワード:URL はてな サイト ポイント 人力検索
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● sher
●30ポイント

http://knowledge.yahoo.co.jp/

Yahoo!知恵袋

1)Yahoo!知恵袋

2)人の多さ。サーチエンジンとの連携(Yahoo!検索でヒット0件の場合に表示される)

3)ベータテスト中なので不便な箇所が多い。回答者、質問者の質が低い

◎質問者からの返答

一番乗りはやはりヤフーでしたか。

目を覆いたくなるような質問や回答が多いですね。(^^;

一番最初に回答した人が、後の回答を見て、内容を改竄してベストアンサーに選ばれるのでは?と言う疑惑とか、なんでこの人こんなにポイント持ってるの?とか、ベータてすとならではの楽しみ方が出来ると言うことでしょうか。

ありがとうございます。


2 ● いのくに
●30ポイント

http://www.okweb.ne.jp/

莖??????????????OKWave

2.カテゴリ分けが詳細です。

3.アンケートをとることができます。

◎質問者からの返答

ここは最近知ったのですが、日本最大級のとうたっていますが、何が最大級なのか知りたいものです。 :)

ありがとうございました。


3 ● neoarcheologist
●30ポイント

http://www.askmecorp.com/

Knowledge Management and Enterprise Social Software for Sharepoint

http://www.watch.impress.co.jp/internet/www/article/2000/0321/as...

無料でボランティアが質問に答えてくれる情報サイト「AskMe.com」

2.回答者が専門家であることがはてなより優れています。

2.よい点は、回答者が専門家のボランティアであること。

3.欠点は、サービスが英語であるところでしょうか?知りたいことが日本のことである場合や、英語の苦手な人はちょっと。。

◎質問者からの返答

ここには以前立ち寄っていましたが、そう言うところとは気付きませんでした。

利用開始手続きで60分ですか。

英語が使えないので登録しても、回答者の指名が来そうもない来もします。(^^;;

http://japan.internet.com/busnews/20000701/5.html

ありがとうございました。


4 ● masashi_papa
●30ポイント

http://www.kotaete-net.net/bbs00001.aspx

マイクロソフトフォーラム

はじめまして ここを紹介します 他の人とダブっていましたらごめんなさい。

はてなよりすぐれていると思う点は、PCのトラブル状況を素早く検索できたり、ご本人が質問すると素早く回答してもらえるって言うのが利点だと思います。最後に、ポイントを購入しなくてもいいって言うのも嬉しいですね。

◎質問者からの返答

企業が運営していいるとはいえ、パソコンに特化したはてな?みたいなもんだと思えば良いんでしょうか。(^^)

とあるゲームでも、メーカーがQ&Aには答えないものの、利用者同士で質問したり答えたりする、ゲームについてのQ&A掲示板がありますが、パソコンの場合はネット上では「生活」に密接に関係しているとも言えますので、知っていると便利そうです。

ありがとうございました。


5 ● 奈緒
●30ポイント

http://www.ksquare.co.jp/05/

http://www.kanshin.com/index.php3?mode=top

関心空間

どちらも、微妙に条件に合致しないのでポイントは要りません。

ksquareはトップページに検索できる場所はありませんが、

回答がはてなよりも専門的な気がします。

また、人を指名して質問をすることができます。

関心空間は今日探しものをしていて見つけました。マニアックな項目が結構載っています。

お役に立てば幸いです。

◎質問者からの返答

Kスクエアは日本版askmeでしょうか。

ここなら自分も専門分野の知識を活かして活躍できそうな気もします。専門分野が世間様のためになるものかどうかはちょっと問題ですけど。*^^*

関心空間はメモ帳というかブレインストーミングというかなんなんですかね。

実際に利用してみないと、どういうものなのか実感できないところが難点ですね。

マニアックというか、趣味を持っていると、同じ好みの人がどういう趣味を他に持っているか分かるし、そういう使い方ですか。

そう言えば、昔自分の好きな本に良い書評を書いていた人が書評した本を優先的に読んでいたことを思い出しました。

知識というか感性の共有化ですね。

2つもありがとうございました。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ