人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

厚生年金は、会社経営者にとって法人の経費となるとともに、個人所得の社会保険控除となると思いますが、国民年金より有利という考え方はあるのでしょうか?

●質問者: RX7FD3S
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:会社 厚生年金 国民年金 所得 法人
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● haltake
●100ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

仮に標準報酬月額30万円だとしますと、毎月会社と個人がそれぞれ約2万円の厚生年金保険料を支払う事になります。もし、これが給与として支給し、年収が約24万円上昇することになります。

この場合、健康保険料が会社・個人負担分それぞれ年間約1万円上昇します。また、公的なサービスを受ける際にも税込年収以下である事を要件とする場合がありますから、これらの利用条件を満たしやすくなるといえるでしょう。特に公営住宅を利用している場合には大きな違いが出るのではないでしょうか。

なお、当然法人の法人税と個人の所得税では税率が異なりますから、累進課税も考慮した場合、どちらがメリットとなるかデメリットとなってしまうかは一概に言えないでしょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ