人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

法人の役員賞与は、損金にならないようですが、法人を設立した場合の報酬額などの上手な決め方、節税の仕方はありますか?
私は、個人事務所の代表者と法人の経営者の二本建てで行く予定です。法人は、業務上必要なので設立するのですが、思ったほど有利に思えないので、少し期待はずれでした。
今、私に委託されている仕事で個人事務所に回せる分は、個人事務所で処理し、それ以外の仕事、これから新規で獲得しにいく仕事を法人で処理するつもりです。

●質問者: RX7FD3S
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:報酬 役員賞与 損金 法人 節税
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● toukaidou
●100ポイント

http://www.alt-invest.com/pl/book/golden_feather/index.htm

文面からすでに既読の様な感じもしますが。Part4「黄金の羽根の拾い方」に法人について詳しく載っています。

既読ならポイントはいりません。

◎質問者からの返答

いえ、まだ読んでいませんでした。

購入しようと思います。


2 ● sisako
●50ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344002628/hatena-q-22/

Amazon.co.jp: お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門: 橘 玲: 本

この本はそういう本でした。

個人会社で税金や保険料、年金の支払いを最低額にし、最大の恩恵を受けられるような最適解を例として挙げています。

これから法人設立されるのであれば、読んでおいて損はないと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

前の回答者と同じ本ですが、アドバイスうれしいです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ