人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

前衛とは何か、また前衛が前衛である所以は何か?それの問いを答えてくれるような著書を教えてください。

●質問者: jyankdoyodoyo
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:前衛
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● kanetetu
●15ポイント

http://www2.gol.com/users/nobg/book/Book1.html

こちらどうですか。

◎質問者からの返答

とても、面白そうな本ですね。

ゴールデンウイーク中に読んでみたいです。


2 ● sankakusan
●15ポイント

http://www.kousakusha.co.jp/kinsyou_yu.html

遊/松岡正剛

前衛論を語る書籍というのはなかなか難しいですが、工作舎の出版している「遊」という熱い雑誌のバックナンバーに1970年代前衛音楽家や作家のインタビューを集めて編集しているものがあります。「1008 音界+生命束」には灰野敬二やDEVO、デレクベイリーや荒俣広などのインタビューがありますが、ピンポイントで前衛を語っているわけではないんですけど参考になることもあるかもしれません。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4276113520/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 現代音楽―1945年以後の前衛: ポール グリフィス, 石田 一志, 佐藤 みどり: 本

前衛音楽の系譜みたいなものでしょうか

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4870170388/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 新しい音楽―1945年以降の前衛: R.スミス‐ブリンドル, 吉崎 清富: 本

前衛音楽、現代音楽化の技法についての書籍です

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

遊のバックナンバーを読んでみます。


3 ● surfersparadise
●14ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4004301041/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 千利休―無言の前衛 (岩波新書): 赤瀬川 原平: 本

創造的破壊、破壊的創造。

決して力づくな方法ではない最先端の試み、境地を拓くことについて意義あるものだと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

でも、かぶってしまいました。


4 ● toukaidou
●14ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480086358/hatena-q-22

Amazon.co.jp: シミュレーショニズム (ちくま学芸文庫): 椹木 野衣: 本

前衛=芸術運動の先駆者だとすれば、この本は読んで損はないと思います。現代美術論一般が学べて、とても面白かったです。

ちなみに、

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061495755/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 動物化するポストモダン―オタクから見た日本社会 (講談社現代新書): 東 浩紀: 本

で、参考文献としてでてきます。村上隆ら日本の前衛(オタク?)を学びたければ、併読をおすすめします。

◎質問者からの返答

後者は読んだことはありますが、前者は読んだことがありませんでした。是非、参考にしたいと思います。


5 ● yooo
●14ポイント

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=010000000000003...

e-hon 本/今日の芸術 時代を創造するものは誰か/岡本太郎/著

アバンギャルドといえば岡本太郎を連想しました。

アバンガルドとは「芸術を徹底的に踏みにじり、先鋭的に自分を高めていく芸術運動。」といってます。

◎質問者からの返答

芸術を徹底的に踏みにじるということは、具体的にどういうことなのでしょうか。取り合えず、読んで参考にしますね。ありがとうございます。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ