人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

NHKの「サンデースポーツ」等で見受けられる、仮想現実の物(プロ野球やJリーグの順位表等)を、あたかも現実の物の様に見せる(司会者や解説者と同じ次元に存在しているように見せる)3D技術は、どのような仕組みで作られているのでしょうか。

●質問者: suikanonaraduke
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:3D Jリーグ NHK サンデースポーツ プロ野球
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/3件

▽最新の回答へ

1 ● halwo69
●40ポイント

http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/hyoujun_gijutsu/nle/nle-3-...

3-2-4 クロマキー

こんなかんじで解説になっているでしょうか。

◎質問者からの返答

おお、なんかこれっぽいです。

”単色の青色の背景を使う”って云うのは、NHK”サイエンスZERO”の舞台裏(?)の、床から壁から全てが真っ青なスタジオでの収録風景を見たことがあるので、たぶんNHKでもこの「クロマキー」と呼ばれる技術が使われているんでしょうね。

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ