人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

カーボン系水素吸蔵材料について質問です。

CNTや焼成カーボンなど色々挙げられて
ますが、カーボンが水素を中に捕り込む
にはどのような構造を持っていなければ
ならないのでしょうか?

あるウェブには
「層状グラファイトが必要である」
と書いてありますし、また
ある本には
「アモルファス成分が重要である」
と書いてありますし・・・。

そのあたりがきちんとわかるウェブを
ご存知でしたらお知らせください。

よろしくお願いいたします。

●質問者: Barrett2002
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:CNT ウェブ グラファイト 構造 水素
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● aki73ix
●25ポイント

http://www.osakagas.co.jp/Press/pr02/020514.htm

該当ページがございません。

アモルファスの重要性

http://www.fitc.pref.fukuoka.jp/kenpo/h8/h8-2.htm

層状グラファイト

http://flex.ee.uec.ac.jp/~rsaito/Kaisetu/paity02.htm

原子がつくった筒 -- カーボンナノチューブ --

http://www.osakagas.co.jp/Press/pr02/020514.htm

該当ページがございません。

要するに、従来は表面積を増やすために層状構造が必要であったが、アモルファス構造にすることによって、側壁の表面だけでなくアモルファス構造の側壁内部にも水素が取り込める技術が発見されたということではないでしょうか?

◎質問者からの返答

毎回ご回答有難うございます。

大阪ガスの話を判断する限り、

1、層構造を持っていて

2、側壁表面にアモルファス成分があり

3、細孔の構造制御ができる

ことが条件になりそうですね。

有難うございました。


2 ● barutan
●25ポイント

http://www.photon.t.u-tokyo.ac.jp/~maruyama/papers/02/Oyobutsuri...

総説っぽい、論文がありましたので参考まで、結構古くから研究されてるんですねぇ

◎質問者からの返答

すみません、これは既に読んだことがあります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ