人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

元巨人軍の松井秀喜選手の信仰してる宗教について詳しくご存じなら教えてくだ

●質問者: soujiki
●カテゴリ:趣味・スポーツ 生活
✍キーワード:信仰 宗教 巨人軍 松井秀喜 選手
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● popo_22
●100ポイント

http://www.coara.or.jp/~trappist/

修道院

キリスト教(カトリック)です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● ka-z
●100ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1084768976

元巨人軍の松井秀喜選手の信仰してる宗教について詳しくご存じなら教えてくだ - 人力検索はてな

松井選手が信仰しているというより松井選手の

お父さんが司教なんです。

松井昌雄[マツイマサオ]

昭和17年、金沢市生まれ。宗教法人「瑠璃教会」の司教(代表役員)。

http://www.hatena.ne.jp/

はてな

出版されている本の内容が一部ありましたので...

松井選手の父親の昌雄氏は、松井瑠璃寿さんという宗教家から「養子になってほしい」と望まれた。どんな人かと、好奇心から会いにいったのは昌雄氏が27歳のとき。

<--母に似ている!

色白でふっくらとしているところ、柔和な顔立ち。そっくりだった。さらには巳年生まれの同い年だった。母も生きていれば数えで65歳である。

実は昌雄は15歳の時に母親をなくしており、青春時代は常に心の中で、母に会いたい、会いたいと思いながら過ごしていたのだ。

昌雄は、瑠璃寿さんと話しているうちに、この人のそばで暮らしたいと無性に思うようになっていた。冷やかしのつもりで来たというのに、そんな風に思う自分が不思議でもあった。

お祈りをする時の黒の教服を着ていた瑠璃寿さんは、昌雄が帰ろうとする時、昌雄に向かって手を合わせた。すると、瑠璃寿さんの身体から、突然まばゆいばかりの黄金の光が放たれたのを見たような気がした。

--後光がさすとはこういうことなのか、凄い人だ。 昌雄は強く思ったのだった>

この瑠璃寿さんは本物の宗教家だった。

<瑠璃寿さんの本名は松井みよ。旧姓は、北風といった。松井与三松と結婚して、松井家にはいった

みよは霊感が強く、自分の手を患部に当てることによって、多くの人々の病気を治した。悩みを抱えている多くの人が相談に訪れた。みよは未来を見通す不思議な力で人々の悩み事を解決し、救った

夫の与三松は、根上町で機織物業を営み、20人以上の女性工員さんが住み込みで働いていた。広い敷地に工場を作り、絹織物で大成功を収め一代で財を築いた。みよはそんな家で何不自由ない暮らしを送った。時にはお札が天から舞い降りて来るように、また時には、金庫においてある紙幣が葉っぱに思えるほどだった

しかし、その一方でみよは、

ーー一所懸命働いてお金は貯まるけれど、なぜか虚しい・・・・。

そう感じていた。

そして、ある日みよは、与三松に申し出た。

「お金儲けより、人助けがしたい」

二人は全盛期をむかえた事業をたたみ、名古屋の天祖光教(てんそこうきょう)の本部に移り住んで宗教の世界に入った。その後、根上町に戻って独立した。名前もみよを瑠璃寿に改め、瑠璃教会を設立した。その時48歳だった>

◎質問者からの返答

詳しい説明文をありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ