人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

自動車売買に関するトラブルです。A販売店はBさんに新車の登録自動車(車両本体100万円、登録諸費用20万円、合計額120万円)を販売する売買契約を結び、Bさんより頭金として登録費用分を含め50万円を集金した上、登録手続きを進めました。ところがBさんより、残金の用意にもうしばらくかかるので納車は待って欲しいとの連絡を受け、納車待ちをしていました。しかし、その間にBさんは精神病院に入院してしまったのです。Bさんの家族によると、いつ頃退院するのかの目処は立っておらず、お金も持っていないようだが、本人はお金は払うのでそれまでの間車は保管しておいて欲しいと言っているとの話でした。ちなみに、家族以外は面会謝絶の状態のようです。事情が事情ですので、果たして本当に残金を払って頂けるのかの確約はありません。車と言う商品上、一度登録してしまうと、商品価値はどんどん下がりますし、また、印鑑証明等も必要なのでどうする事も出来ません。このような場合、いかなる解決方法があるでしょうか。弁護士等に相談するというたぐいは除きます。

●質問者: kusuk
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:お金 トラブル 事情 価値 入院
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● auctiondiary
●10ポイント

http://www.goo.ne.jp/

goo

精神病院に入院しているとのことで本当に払う意思があるかどうかは分かりかねますが、車の価値が70万に下がるまでは待ってもいいのでは?ちなみに登録は済んでしまったのでしょうか?それによって値段の落ち方もずいぶん変わると思います。

◎質問者からの返答

登録完了済みで後はBさんから現金70万円と引き換えに車を渡すのみの状態です。もし他に転売する場合は既に120万円の価値は無いと考えられます。またこのような場合、本人の意思はどのように判断されるのかも分かりません。転売するにしても、Bさんの印鑑証明と実印が無ければ何も出来ません。


2 ● sami624
●20ポイント

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji17.html#a1

成年後見制度〜成年後見登記制度〜

先ずは、青年被後見人に該当するか否かを確認したら如何でしょうか。従来よりも、対象が広範囲となっているので、意外と対象になるかもしれません。この場合、親族に頼んで、家庭裁判所で後見人を選任してもらい、その方と取引をすればよくなります。

http://www.nico.or.jp/business/law/takano2.html

契約解除理由になるかを確認する方法です。

いずれかですね。

◎質問者からの返答

なるほど、有難うございます。成年後見登記制度ですか。一度調べてみます。


3 ● fukoich
●20ポイント

http://www009.upp.so-net.ne.jp/law/

少額訴訟制度ホームページ

読んだ限り、十分に契約解除原因になっていると思います。

残金の支払い最終催告後、(どうせ支払いできないでしょうから)契約解除の通知をして、損害賠償請求をされると良いと思います。

30万円までの少額訴訟でしたら弁護士も必要ありませんし、裁判も数時間で終わります。

無事損害賠償が認められたら、頭金と相殺して残ったお金を返せばOKです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。こんな方法もあるのですね。ただ、少額訴訟制度とは「30万円以下の金銭の支払いを求める訴えについて」とありましたので、今回の場合70万円の請求となるので、該当するのでしょうか?


4 ● fukoich
●20ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1084967497#

自動車売買に関するトラブルです。A販売店はBさんに新車の登録自動車(車両本体100万円、登録諸費用20万円、合計額120万円)を販売する売買契約を結び、Bさんよ.. - 人力検索はてな

分かりにくくてすみません。契約解除は、残金請求ではなく白紙に戻すということなので、それによってBさんは車の所有権を放棄させられ、A販売店は頭金50万円をBさんに返す義務ができます。

しかしそれだと、車の値段が下がってしまったぶんA販売店が損をするので、損をした分を損害賠償としてBさんに請求できるのです。

たとえばその車が、後日別のCさんに80万円(+登録費用20万円)で売れたとしたら、A販売店は本来は100万円で売れるものが80万円でしか売れなかったため20万円損したことになります。この20万円を請求すればいいのです。(ただし、A販売店はBさんに対して50万円の返還債務も負っているので、実際は相殺して30万円のみ返還することになるでしょう)

少額訴訟の上限30万円の請求が認められたとしたら、Aさんはその車を他の人に70万円(+登録費用)で売ることができれば損してないことになりますよね。

それとも車の値段って、一瞬登録してしまっただけで100万円が30万円に下がってしまうものなんでしょうか? そうだとしたら、確かに70万円請求しないと割に合いませんが。

◎質問者からの返答

丁寧な解答有難うございます。上記例ですと、本来受け取る額(120万円)ー実際売れた額(100万円)=損害賠償分(20万円)となる訳ですね。ただ、損害賠償額(値下がり額)が30万円というのは微妙です。登録車の値落ちは初期段階が最も大きいのです。それと、本人と直接連絡が取れないので、そもそもこういった交渉事そのものが出来るのかという事も有ります。内容証明等で可能なのでしょうか。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ