人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

矢田部・ギルフォード検査こと「YG検査」は、だいたいどのくらいの頻度で使われているのでしょうか。日本の企業、学校のうち●%で使われている、などの具体的な情報がありましたら幸いです。
また自動車教習所でも(多少アレンジをくわえて)使われているそうですが、これはどうしてなのでしょうか。具体的な理由などが分かるページがありましたら嬉しいです。
また、「この本に書いてある」というご紹介はなくて構いません。WEBだけで分かれば幸いです。
どうかよろしくお願いいたします。

●質問者: maiko8
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:うご アレンジ ギル フォード 企業
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● suzuki39
●25ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

URLはダミーです.

後者についての回答です.

1.心理検査の類は,本来は一般の人の目にふれないようにしなければいけないとされています.ですから,不特定多数の人たちが来る自動車教習所ではそのまま使用することができない.

2.版権があるのでなにかとめんどう.

3.Y-Gは販売しているものなので,コストがかかる.

といったところでしょうか.

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

とてもとても参考になりました。

ただ質問の論点としては、

「どうして自動車教習所では、YG検査に近いものを行うのか」ということなのです。

たとえば危険性回避のポイントとかモラルとか、そういうのにYG検査は適しているのでしょうか。

それについて何かお分かりになりましたら幸いです。


2 ● suzuki39
●25ポイント

http://www.yahoo.com/

Yahoo!

URLはダミーです.

人の性格特性を多面的に測定するには有益なツールである,と,”当時”考えられていたからではないでしょうか.

現在は,決してそうではありませんが・・・.

#これに関してはポイントはけっこうです.

◎質問者からの返答

ありがとうございます。参考になりました。

ふむむ。本当にありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ